ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 生涯学習課 > 東京2020オリンピック・パラリンピックホストタウンに登録

東京2020オリンピック・パラリンピックホストタウンに登録

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年9月3日更新

8月30日、米領バージン諸島を相手国としたホストタウンに登録・公表されました。

ホストタウンとは

東京2020大会に参加する国・地域を知り、日本の文化を伝えることなどを目的に、参加選手や役員と交流を行うものです。
日本のオリンピアン・パラリンピアンとの交流も行います。

調印式

8月22日に東京で行われた合同調印式では、小千谷市を含む国内7つの地方公共団体と中米の国・地域が、ホストタウン交流事業実施に関する合意書に調印しました。

調印式前に固く握手を交わす大塚市長とアンセン・スリガーNOC(国内オリンピック委員会)副会長
調印式前に固く握手を交わす大塚市長とアンセン・スリガーNOC(国内オリンピック委員会)副会長

調印式にて、合意書にサインをしている様子です
調印式にて、合意書にサインをしている様子です

合意書を取り交わしました
合意書を取り交わしました

取材を受けている様子です
取材を受けている様子です

米領バージン諸島について

位置

中南米カリブ海と大西洋との間

 米領バージン諸島の位置図

面積

約347平方キロメートル

主要な島

セント・トーマス島、セント・ジョン島、セント・クロイ島

人口

約10万人

前回(リオデジャネイロ)大会実績

・出場選手:7人

・出場種目:陸上競技、ボクシング、セーリング、競泳