ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 市民生活課 > 火災の原因!リチウムイオン電池などの小型充電式電池の分別にご協力を

火災の原因!リチウムイオン電池などの小型充電式電池の分別にご協力を

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月28日更新

全国のごみ処理施設で発火件数が増えています。

公益財団法人「日本容器包装リサイクル協会」によると、全国のプラスチックごみ用のリサイクル施設で、リチウムイオン電池が原因とみられる発火・発煙事故は平成30年度に128件起き、平成25年度の32件の4倍となっています。
施設が全焼して一部事業が撤退に追い込まれたケースもあり、また、リサイクル施設にとどまらず、ごみの選別施設などごみ処理施設全般で事故は多数起きています。

リチウムイオン電池等による発火事例

発火原因となった過熱式タバコ発火原因となった電池パック
発火の原因となった過熱式タバコ(リチウムイオン電池)発火の原因となった電池パック
発火原因となった充電式電池
発火の原因となった充電式電池
発火事例
リチウムイオン電池の発火が原因で他のごみが燃えた事例

リチウムイオン電池などの小型充電式電池にはリサイクルマークがついています。

リチウムイオン電池は小型充電式電池の一つであり、ほかにニカド電池、ニッケル水素電池があります。
小型充電式電池には次のリサイクルマークがついています。
リサイクルマーク

小型充電式電池が使用されている主な製品

これらの小型充電式電池が使用されている主なものとして、携帯充電器(以下「モバイルバッテリ」という。)、スマートフォン、タブレット、電子たばこ、ノートパソコン、電子ゲーム機器、デジタルカメラ、ハンディクリーナ、コードレス電話、電動歯ブラシ、電気シェーバ、加熱式たばこ機器などの小型家電があります。
小型家電は、リチウムイオン電池などの小型充電式電池を外してから埋立ごみに出してください。

外した小型充電式電池はリサイクルできます。

リチウムイオン電池、ニカド電池、ニッケル水素電池などの小型充電式電池はリサイクルできる貴重な資源です。
リサイクルするには販売店へお問い合わせいただくか、協力店のリサイクルボックスへ入れ、分別にご協力をお願いします。
小型充電式電池の種類、特徴、使用機器、リサイクルマーク、協力店については、一般社団法人JBRCのウェブサイトをご覧ください。

どうしても小型充電式電池を外せない場合

どうしても小型充電式電池が取り外すことができない小型家電は、「有害・危険物」として決められた日に町内の決められたごみ収集場所に出すことができます。