ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 企業・事業者 > 環境 > エネルギー > 小千谷市エネルギービジョン
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 施策・計画 > 各種計画 > 小千谷市エネルギービジョン

小千谷市エネルギービジョン

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月31日更新

再生可能エネルギーを有効利用して地球温暖化の抑制や地域の振興につなげるため、「小千谷市エネルギービジョン」を令和2年3月に策定しました。

策定の背景と目的

小千谷市では、平成28年3月に「第二次小千谷市環境基本計画」を策定し、“人間と自然との共生の下で恵み豊かな環境を将来に伝える”を基本目標に掲げ、循環型社会の実現に向けた取組を進めています。

自然と共生する循環型社会を実現するためには、エネルギーの有効利用や資源の循環利用が必要であることから、今後のエネルギー施策の基本指針となる「小千谷市エネルギービジョン」を策定することとしました。
今後は、本ビジョンをもとに、地域内での経済循環や新たな地域振興・雇用創出を進め、持続的な発展が可能なまちを目指します。

エネルギー利用の基本方針

小千谷市は、全国有数の信濃川水力発電所やガス田が立地しており、地域外の生活や産業を支えてきた「エネルギーのふるさと」ともいえます。
本ビジョンでは、地域のエネルギー資源を地域内で利活用することを目指し、将来像を「地域のエネルギーを地域で活かす『エネルギーのふるさと おぢや』へ」と定めています。

この将来像を実現するため、施策の基本方針を以下のように定め、取組を推進します。 

  1. 地域特性を活かした再生可能エネルギーの導入
  2. 再生可能エネルギーによる地域産業の活性化
  3. エネルギーの低炭素化の推進
  4. 環境意識の醸成

地域のエネルギーを活用した重点プロジェクト

産業の振興や地域の活性化につなげるための方策として、地域のエネルギーを活用した5つの重点プロジェクトを掲げています。

  1. 公共施設における再生可能エネルギー設備の導入
  2. 地域産業における化石燃料から再生可能エネルギーへの利用転換
  3. 雪冷熱を活用した地域産品のブランド化と都市間交流の推進
  4. 都市ガスの利用拡大によるエネルギーの地産地消の推進
  5. 再生可能エネルギーに関する学習・教育機会の充実

エネルギービジョン策定の経過

小千谷市エネルギービジョンの策定にあたり、「おぢやエネルギー通信」を発行し、策定状況や再生可能エネルギー活用の先行事例のお知らせを行いました。

おぢやエネルギー通信 第1号(令和元年10月25日発行)

おぢやエネルギー通信(第1号)

おぢやエネルギー通信 第1号 [PDFファイル/558KB]

  • 市内の再生可能エネルギーの有効利用に向けた検討会を開催しました
  • 冬に降り積もる雪をエネルギー資源に活用した事例のご紹介
  • 寒冷地で有望な地中熱利用とは?
  • 再生可能エネルギーに関するアンケート調査を実施しました

おぢやエネルギー通信 第2号(令和2年1月25日発行)

エネルギー通信第2号

おぢやエネルギー通信 第2号 [PDFファイル/3.3MB]

  • 「小千谷市エネルギービジョン(案)」へのご意見を募集します
  • 再生可能エネルギー等の利用促進プロジェクトの検討会を開催しました
  • 雪国対応型の太陽光発電導入事例のご紹介
  • 再生可能エネルギーなどの利用促進プロジェクト(案)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)