ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

シェイクアウト訓練

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年9月10日更新

シェイクアウト訓練とは

シェイクアウト訓練とは、参加者それぞれが「その時にいる場所」 で一斉に行う、 新しい防災訓練です。
誰でも、どこでも、気軽に参加でき、日本各地で実施されています。

シェイクアウト訓練普及チラシ [PDFファイル/908KB]

シェイクアウト訓練の目的

皆さんは、地震が発生した時、家や職場、学校など、どこにいるかわかりません。身の安全を守るためには、状況に応じた安全確保行動が大切です。
シェイクアウト訓練は、地震発生時の安全確保行動を身に付けるとともに、ご家庭や職場、学校の危険な場所を発見し、安全対策を見直すきっかけになります。

シェイクアウト訓練の流れ

訓練の開始合図とともに、3つの安全確保行動を1分間とって下さい。

  1. 揺れで倒される前に姿勢を「 まず低く」
  2. 机などに潜り、落下物から「 頭を守り」
  3. 低い姿勢、頭を守った状態で、揺れが収まるまで「 動かない」

シェイクアウト訓練のイラスト

※画像提供「効果的な防災訓練と防災啓発提唱会議 」

様々な場面での安全確保行動

室内にいる時

  • 3つの安全確保行動「 まず低く、 頭を守り、 動かない」を行う
  • 無理に火を消そうとしない
  • あわてて外に飛び出さない

人が大勢いる施設にいる時

  • 施設の係員の指示に従う
  • 落ち着いて行動し、あわてて出口に走り出さない

屋外にいる時

  • ブロック塀や自動販売機の倒壊、転倒に気を付ける
  • 看板や割れたガラスの落下に注意する
  • 丈夫なビルのそばであれば、ビルの中に避難する

車を運転している時

  • 急ブレーキをかけず、緩やかに速度を落とす
  • ハザードランプを点灯し、まわりの車に注意を促す
  • 大きな揺れを感じたら道路の左側に停止する

その他の場面

  • 鉄道やバスに乗車中は、つり革や手すりにしっかりつかまる
  • エレベーターでは、最寄りの階に停止させ、すぐに降りる
  • 山やがけ付近では、落石やがけ崩れに注意する

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)