ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

地区別防災訓練

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年9月10日更新

令和2年度小千谷市地区別防災訓練を実施します

小千谷市では大規模な災害の発生に備え、防災関係機関相互の連携強化、市民の「自らの身体と財産は自ら守る」という防災意識の高揚を目的として、毎年防災訓練を実施しています。本年は地震に加え原子力災害を想定とした訓練を行います。
訓練当日は緊急告知ラジオなどで訓練の情報をお伝えします。訓練の実施にあたりましては、みなさんのご理解とご協力をお願いします。
今年度は川井地区がメインとなりますが、市民のみなさんも午前8時と8時5分の情報伝達訓練を合図にシェイクアウト訓練、屋内退避訓練を実施してください。

日時

令和2年9月27日(日曜日) 午前8時~11時30分
※雨天決行。新型コロナウイルス感染拡大の状況により、訓練内容を変更する場合があります。その場合はホームページでお知らせします。

会場

小千谷市総合体育館ほか

訓練の内容

市全体の訓練

訓練項目時刻内容
災害情報伝達訓練1
(地震災害を想定)
8時  緊急告知ラジオ、緊急情報メール、「Yahoo!防災速報」アプリ、Twitterで災害情報の発信
上記の伝達手段で地震発生をお知らせします
シェイクアウト訓練上記の情報伝達訓練を合図に、その時にいる場所で「姿勢を低く、頭を守り、動かない」の
3つの安全確保の行動をとるシェイクアウト訓練を実施しましょう
シェイクアウト訓練についてはこちらをご確認ください(別のページが開きます)
災害情報伝達訓練2
(原子力災害を想定)
8時5分緊急告知ラジオ、緊急情報メール、「Yahoo!防災速報」アプリ、Twitterで災害情報の発信
上記の連絡手段で屋内退避の指示をお知らせします
屋内退避訓練自宅や近くの建物の中に避難をし、換気扇をとめるなど外気の遮断を実施しましょう

川井地区住民による訓練

訓練項目時刻内容
住民避難訓練8時10分あらかじめ各町内で決めた一時避難所に避難します
避難行動要支援者
安否確認訓練
避難行動要支援者の名簿により安否確認を実施し、避難所への避難支援をします
避難所開設訓練町内指定の一時避難所を開設し、避難者の受入れと避難者及び負傷者を確認し、
災害対策本部へ連絡します
広域避難訓練8時40分避難指示を受け、市マイクロバスで避難経由所へ移動します
スクリーニング訓練9時30分避難者に放射性物質が付着していないかを検査する「スクリーニング」を実施します
安定ヨウ素剤
緊急配布訓練
原子力災害の緊急時における安定ヨウ素剤(代用品)の配布を実施します
原子力防災研修9時50分原子力に関する基礎知識や災害時の避難方法について学びます
負傷者応急処置訓練10時5分けが人の手当てや搬送などの応急救護を実施します
初期消火訓練水消火器による初期消火訓練を実施します
避難所運営訓練避難所の開設から運営方法、備蓄物資の取扱いについて確認します
子ども防災講座クイズ形式などで防災について学びます
閉会式11時20分

展示・体験コーナー

総合体育館の正面玄関付近ではどなたでも参加できる、体験コーナーがあります。是非ご参加ください。

  • はしご車の展示
  • 煙体験ハウスによる火災時の煙の恐ろしさを体験
  • 水消火器による初期消火訓練

時間

午前9時30分~11時

地区別防災訓練のしおり

地区別防災訓練のしおり [PDFファイル/519KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)