ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 建設課 > 旧魚沼病院跡地の活用に関するサウンディング型市場調査について

旧魚沼病院跡地の活用に関するサウンディング型市場調査について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年9月25日更新

本市では、平成29年4月の厚生連小千谷総合病院開院に伴い閉院となった旧魚沼病院について、本館棟解体後の跡地の効果的な活用方法を検討しています。
この検討業務の一環として、民間提案による利活用案の募集及び当該土地の市場性の有無を判断することを目的として、民間事業者のみなさんとの対話を行うサウンディング型市場調査を実施しました。

実施結果

実施結果の概要は次のとおりです。

サウンディング型市場調査とは

市有地などの有効活用に向けた検討にあたり、事業検討の段階で、その活用方法について民間事業者から広く意見・提案を求め、「対話」を通じて市場性等を把握する調査です。
市は事業の実現可能性や、市場として参入しやすい条件、活用に向けたアイディアなどを把握でき、また事業者は市の運営方針や考え方を事前に確認できるほか、事業者としての考え方を直接伝えることができるなどの利点があります。

本調査の対象地

旧魚沼病院本館棟跡地(小千谷市城内四丁目687-5 他) 約5,000平方メートル

実施要領

詳細については、実施要領をご覧ください。

質問及び回答

令和元年7月26日までに受け付けた質問に対する回答は次のとおりです。

スケジュール

内 容日 程
実施要領の公表令和元年7月16日(火曜日)
質問の受付令和元年7月16日(火曜日)~7月26日(金曜日)
質問への回答令和元年7月30日(火曜日)
サウンディングの参加受付令和元年7月22日(月曜日)~8月9日(金曜日)
サウンディングの実施令和元年8月19日(月曜日)~8月30日(金曜日)
実施結果概要の公表令和元年9月25日(水曜日)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)