ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 教育 > ICT教育 > GIGAスクール構想 子どもたちに一人一台学習用パソコンを整備します

GIGAスクール構想 子どもたちに一人一台学習用パソコンを整備します

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年3月11日更新

GIGA(ギガ)スクール構想とは

GIGAスクール構想とは、文部科学省が提唱し、子どもたちに一人一台タブレット端末等と、高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備することで、多様な子どもたち一人一人の資質・能力を確実に育成できる教育ICT環境を実現する構想のことです。
このGIGAスクール構想に基づき、令和3年3月、小千谷市の小中学校、総合支援学校の子どもたちに一人一台学習用パソコンを整備します。

どんなパソコンが導入されるの?

・導入パソコン HP ProBook x360 11 G5 EE
・搭載OS Windows10 Pro Education
・タブレット型にもノートパソコン型にもなる(コンバーチブル型)
学習用パソコン画像(1)
学習パソコン(2)
学習用パソコン画像(3)

どんな学習場面で活用するの?

最初は、学習用パソコンを触ってみることから始め、子どもたちの操作の慣れやルールの理解に合わせて、以下のような活用にも取り組んでいきます。

・インターネットでの情報収集や、写真・動画による記録を行い、デジタルによる資料・作品の製作を行う
・デジタルドリルや授業動画の活用により、自分の学習状況や進度に合った問題に取り組む
・一人一人の考えを同時に一画面に映し出してみんなで共有する
・リアルタイムで考えを共有し、クラウドサービスを活用してグループで一つの資料を作成する

現時点では、学校内だけの使用としますが、いずれは家庭への持ち帰りも検討していきます。

導入スケジュール

令和3年3月末までに、各学校に学習用パソコンと校内ネットワーク環境を整備します。
子どもたちが学校で学習用パソコンを使用するのは、令和3年4月以降となります。