ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > 市長ダイアリー(令和元年7月)

▼ページ本文はここから

市長ダイアリー(令和元年7月)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月31日更新

さつき工房ふれあいまつりに行ってきました(7月26日)

小千谷市障害者支援センターさつき工房で行われた「第23回ふれあいまつり」に参加させていただきました。
ボランティアのみなさんや地域のみなさんからもお手伝いいただき、笑顔あふれる楽しいおまつりとなりました。

開会式で挨拶をする大塚市長の画像 餅つきをしている画像

広島に派遣される中学生が訪問してくれました(7月26日)

小千谷市は非核平和事業の一環として、8月4日~6日に広島県へ市内中学生を派遣します。
派遣される生徒12人が事前学習を兼ねて、訪問してくれました。
広島では原爆の悲惨さを学び、平和な世界にするためには何をしたらよいかを生徒一人ひとりが考えてほしいと思います。

中学生にあいさつをする大塚市長の画像

総合計画の後期基本計画の策定を諮問しました(7月25日)

小千谷市総合計画審議会委員のみなさんに、第五次総合計画の後期基本計画の策定を諮問しました。
総合計画は小千谷市の最上位の計画であり、その前期基本計画期間が令和2年度で満了することから、令和7年度を目標年次とする後期基本計画の策定をお願いしたものです。

挨拶をする大塚市長の画像 委員のみなさんと大塚市長の集合写真

熱気球一式を寄贈いただきました(7月22日)

株式会社アルプス技研創業者の松井利夫様より熱気球一式を寄贈していただきました。旧六日町出身の松井様が行っている地方創生活動の一環として、ご寄贈いただいたものです。
熱気球は試乗体験や競技フライトなどで広く活用させていただきたいと思います。
松井様のご支援とご協力に感謝申し上げます。

アルプス技研創業者の松井さんが市長に目録を渡している画像 アルプス技研の方々と市長で記念撮影している画像

国際交流の会アウトドアパーティーに参加しました(7月15日)

おぢゃ~るで開催された国際交流の会アウトドアパーティーに参加しました。
おおぜいの外国の方から小千谷市を訪れていただき、とてもありがたく思います。今後もたくさんの方々から、当市の魅力を知っていただければと思います。

あいさつをする大塚市長の画像 外国人と談笑する大塚市長の画像

二荒神社奉納行列に参加しました(7月14日)

二荒神社大祭(二荒さまのおまつり)が7月13日(土曜日)から15日(海の日)に行われ、14日(日曜日)の「巫女爺」の奉納行列に参加しました。また、境内では「巫女爺」おどりが披露され、観賞させていただきました。このような地域の伝統行事が、今後も受け継がれていくよう願っています。

巫女爺の奉納行列に参加する大塚市長の画像 巫女爺の奉納行列に参加する大塚市長の画像

ひかり工房ラベンダーまつりに参加しました(7月6日)

障がい者支援センターひかり工房で開催されたラベンダーまつりに参加し、利用者のみなさんと一緒に歌ったり体を動かしたりして楽しい時間を過ごしました。
今年は例年以上に利用者のみなさんの一体感があり、いい雰囲気でまつりが進んだように感じました。
また、いただいた飲み物に「ありがとう」と書かれたメッセージが添えられていて、小さな心遣いがとてもうれしかったです。

挨拶をする大塚市長の画像 ラベンダーの花束を持つ大塚市長の画像

中越大震災ネットワークおぢや総会・研修会に出席しました(7月4日・5日)

災害対応現場で得た知恵や教訓を共有するため、小千谷市を含む全国85自治体で組織する「中越大震災ネットワークおぢや」の令和元年度総会・研修会が静岡県富士宮市で開催されました。
1日目の研修会では、昨年発生した豪雨・地震被害時の自治体の対応などに関する報告が行われ、災害対応能力の向上を図りました。2日目の視察研修では、国土交通省富士砂防事務所の加藤所長ほか職員の方から説明いただき、大沢扇状地砂防施設などを視察しました。
参加された自治体のみなさんは、今回の研修の成果を今後の災害発生時に生かしていただきたいと思います。

挨拶をする大塚市長の画像 視察をする大塚市長の画像