<<前のページ | 次のページ>>
2020年11月10日(火)
いじめ見逃しゼロスクール集会

 生徒会が主催する「いじめ見逃しゼロスクール集会」を開催しました。内容はSNSでのやりとりがいじめに発展してしまう架空の動画を視聴し、問題点やどうしたら良かったのか、自分ならどう反応するか、実際のSNSで気を付けなければならないことなどについて、グループを基本に話し合いました。すべて、生徒会総務がリードして、自分事として真剣に考え、いじめを生まない思いやりの大切さを確認し、意識を高める機会となりました。

2020年10月24日(土)
カルチャーフェスティバル

 第1部の「合唱発表会(写真左)」では、クラスごとに協力して練習を重ねてきた歌声を披露しました。歌詞の意味を解釈して自分たちのものとし、心を込めた思いが届くように歌いました。続く第2部は、生徒会主催の「なんでも発表会(写真右)」です。バンドやダンス、ショートコントなど趣向を凝らした出し物をみんなで楽しみました。今年は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、来場者を御家族に限定した形となりましたが、自分たちが発信する文化にふれる秋のひとときとなりました。

2020年10月9日(金)
東京片貝会教育講演会

 今年で38回を数える「東京片貝会教育講演会」が開催されました。講師の郷様は、片貝中学校第39回卒業生(翔心会)です。講演では「運動の分野でも常識が正しいとは限らない。うまくなりたい運動に沿った運動をする。運動のやり過ぎは筋肉を壊す。睡眠が運動の技能を定着させる。」など、多くの資料とともに実技もあり、とてもわかりやすく教えてくださいました。子どもたちは、これから冬のシーズンに向け、運動をより自分で考えて実践し、パフォーマンスを向上させるものと期待がもてます。地域・保護者の方々、小学6年生の皆さんからも参加いただき、コロナウイルス感染防止に配慮しながら温かい雰囲気の中、開催いただいたことに感謝申し上げます。

2020年9月23日(水)
新人大会激励会

 9月29日から行われる「新人大会(四市二郡)」の激励会を開催しました。今年の夏は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、全国へつながる中学校体育連盟の大会は中止となりました。その代替としての位置づけで、7月に小千谷市中学校交流試合がありました。主導権を引き継いだ2年生・1年生には、3年生の思いを胸に伝統と闘志で頑張ってきてほしいものです。なお、新型コロナウイルス対策のため、各会場とも無観客となります。

2020年8月29日(土)
令和2年度「体育祭」

 「Break the wall 〜新たなる体育祭へ〜」をスローガンに、新型コロナウイルス感染防止のためにルールや環境面を見直し、新しい自分や学校になるための「壁」を壊すことを目指しました。地域や学校の行事やイベントが相次いで延期や中止となる中、大勢の保護者・地域の皆様からおいでいただき、密着・密接を防ぎながら、熱く燃える一日となりました。これからも、日常生活の基本になる体育祭の行動目標「返事や反応、3分前行動、あたたかい言葉」を心がけます。