ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 税金 > 固定資産税 > 長期優良住宅(200年住宅)に対する固定資産税の軽減
トップページ > 分類でさがす > ライフイベント > 住まい・引越し > 固定資産税 > 長期優良住宅(200年住宅)に対する固定資産税の軽減

長期優良住宅(200年住宅)に対する固定資産税の軽減

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新

長期優良住宅を新築された場合、市に申告をすると固定資産税が軽減されます。
申告には認定通知書が必要です。長期優良住宅の詳細については、新潟県または建築士さんなどにお尋ねください。

対象となる住宅

平成30年3月31日までの間に新築された住宅のうち、一定の基準を満たす長期優良住宅と認定された住宅。

  • 専用住宅又は居住部分の面積が全体の50パーセント以上の併用住宅であること。
  • 居住部分の床面積が50平方メートル以上280平方メートル以下であること。
    (共同住宅の場合は一区画当たり40平方メートル以上280平方メートル以下)

軽減の内容

■軽減される範囲/居住部分の最大120平方メートルまでに相当する固定資産税額の2分の1に相当する額が減額されます。
■適用される期間/
・耐火、準耐火構造で、3階建て以上の住宅・・・7年
・その他の住宅・・・5年

軽減を受けるための手続き

住宅の完成後に実施する家屋調査時に、調査にお伺いする職員が申告書をお渡ししますので、申告書と認定通知書(コピー可)を住宅が完成した翌年の1月31日までに税務課資産税係へ提出してください。


<関連リンク>

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)