ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 消費生活・防犯 > 注意喚起 > 試験電波の影響によるテレビ放送受信障害について
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 施策・計画 > 各種計画 > 試験電波の影響によるテレビ放送受信障害について

試験電波の影響によるテレビ放送受信障害について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月25日更新

テレビ受信障害対策について

携帯電話の新しい電波を発射する試験を予定しています。
この試験による、テレビ受信障害の可能性とその障害対策についてお知らせします。

試験電波発射日と対象地区

期間対象地区 ※その他の地域でも影響が出る可能性があります。
平成29年11月16日(木曜日)から4週間程度(予定)本町、平成2丁目、稲荷町、元町、日吉、船岡、栄町、大字薭生、東栄1丁目、東栄3丁目、旭町、大字横渡、大字山本、大字西中、大字池ケ原、大字西吉谷、大字東吉谷、大字四ツ子、大字谷内、千谷川1丁目、千谷川2丁目、千谷川3丁目、大字千谷川、城内1丁目、城内2丁目、大字三仏生、大字千谷、真人町、片貝町、片貝山屋町

テレビ受信障害などの対策後、基地局サービスを開始します。

テレビ映像が乱れたり、映らないとき

700MHzテレビ受信障害対策コールセンターで障害の状況をお伺いします。
視聴者様からコールセンターへご入電いただいた場合、原則45分以内に対策会社から視聴者様へ訪問日程調整のためのご連絡をします。

名称電話番号通話料受付時間
700MHz(メガヘルツ)テレビ受信障害対策コールセンター
フリーダイヤル
0120-700-012無料午前9時~午後10時
土曜日、日曜日、祝日及び年末年始を含む。

IP電話などでつながらないとき/050-3786-0700

テレビ受信障害対策作業について

受信回復作業は無料です。全額を一般社団法人700MHz利用推進協会が負担します。
テレビ映像の回復作業

Q&A

どうして携帯電話で新しい電波の利用を開始するの?

近年普及しているスマートフォンなどで高品質な通信サービスを提供するため、新しい電波を利用します。

どうして携帯電話の新しい電波がテレビに影響を与えるの?

携帯電話の新しい電波が地上デジタルテレビ放送に近い周波数を利用するためです。旧型のアンテナ設備などに影響が出る場合があります。

一般社団法人700MHz利用推進協会ってどんな団体?

株式会社NTTドコモ、KDDI株式会社、沖縄セルラー電話株式会社、ソフトバンクモバイル株式会社の携帯事業者4社で構成された協会です。新たな周波数への移行及びこの周波数の影響を受けるテレビ受信障害対策を共同で行います。

協会公式ホームページはこちらから(別の窓が開きます)

受信障害対策をお知らせするチラシ

詐欺行為にご注意ください

テレビ受信障害対策員証

  • 対策作業に費用は一切かかりません。費用を請求することもありません。
  • 工事作業者は、右図の「テレビ受信障害対策員証」を携帯しています。不審に思われた場合は提示を求めてください。
  • テレビ受信対策員の方が正規の方かを、コールセンター(0120-700-012)で確認することができます。

不審な訪問や電話を受けたとき

消費生活相談窓口(市民生活課生活安全係) 0258-83-3516
(午前8時30分から午後5時15分(土曜日、日曜日、祝日を除く))

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)