ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

個人番号の「通知カード」について

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月30日更新

個人番号の「通知カード」は、年金・医療・福祉・税などの行政手続きで使う個人番号が記載された大切な書類です。必ずお受け取りください。

通知カードに記載されている個人番号は、平成28年1月以降、勤務先や行政機関などの書類や確定申告書に記入が必要です。

通知カード、個人番号カードに関するQ&A

「通知カード」とはどんなものですか

日本国内の全住民に通知される、1人ひとり異なる12桁の番号を記載した紙製のカードです。

表面通知カード表面のイメージ画像 裏面通知カード裏面のイメージ画像

<ページの先頭へ戻る>

「通知カード」には何が記載されていますか

次のものが記載されています。

  • 個人番号(マイナンバー)
  • 氏名
  • 住所
  • 生年月日
  • 性別

<ページの先頭へ戻る>

「通知カード」は無料ですか

無料です。
ただし、紛失などして再発行する場合は、交付手数料(予定)が必要です。

<ページの先頭へ戻る>

ずっと紙製の「通知カード」を保管しなくてはいけないのですか

そのとおりです。
ただし、「通知カード」に同封する申請書で個人番号カードの交付申請をすると、「通知カード」と引き換えにプラスチック製の「個人番号カード」を受け取ることができます。

「個人番号カード」について

「個人番号カード」の初回交付手数料は無料です。
「個人番号カード」には電子証明がつきますので、e-Taxを利用することができます。また、「個人番号カード」1枚で行政機関窓口での本人確認と個人番号の確認ができますで、「個人番号カード」の交付をおすすめします。

表面個人番号カードの表面イメージ画像 裏面個人番号カード裏面のイメージ画像

<ページの先頭へ戻る>

「個人番号カード」の交付申請はどのようにするのですか

郵送で申請できます

「通知カード」に同封される返信用封筒を使用して、「個人番号カード交付申請書兼電子証明書発行申請書」を郵送してください。
平成28年1月以降に、市民生活課から「個人番号カード」の受け取りについてお知らせします。

オンライン申請ができます

「通知カード」に同封する「個人番号カード交付申請書兼電子証明書発行申請書」には、QRコードが印刷されています。
所有するスマートフォンなどでQRコードを読み込み、専用サイトからオンライン申請をすることができます。

<ページの先頭へ戻る>

「通知カード」や「個人番号カード」の記載内容に変更があったときは、どうすればよいですか

引っ越しなどで市区町村に転入・転出などの届を出すときは、「通知カード」または「個人番号カード」を同時に提出し、カードの記載内容を変更する必要があります。
それ以外の場合でも、記載内容に変更があったときは、14日以内に市区町村に届け出て記載内容を変更してください。

<ページの先頭へ戻る>

「通知カード」が届かない場合はどうすればよいですか

配達時、不在等で受け取れなかった場合は市役所の窓口で受け取ることができます

配達できなかった通知カードは、郵便局で一定期間保管された後、市役所に返戻されます。
返戻された通知カードは、次の要領で市役所の窓口で受け取ることができます。

  1. 市民生活課へ電話で通知カードが返戻されているかを確認
  2. 必要書類をそろえて、市民生活課窓口で通知カードを受け取る
窓口で受け取る場合に必要なもの
【本人または同一世帯の方が来庁の場合】
【代理人が来庁の場合】
本人確認書類とは
  • 運転免許証、住基カードなど顔写真付きの場合は1点
  • 健康保険証・介護保険証・年金証書・預金通帳などの場合はそのうち2点
市役所窓口での通知カード受け取りに関するお問い合わせ

小千谷市役所市民生活課
電話番号:0258-83-3509

<ページの先頭へ戻る>

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)