ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

マイナンバー制度が始まります

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月2日更新
  1. マイナちゃんマイナンバー制度ってなに?
  2. マイナンバー制度で変わること
  3. マイナンバーはどんなときに使う?
  4. マイナンバー制度はいつから始まる?
  5. プライバシーの保護
  6. マイナンバー制度のお問い合わせ先

 1.マイナンバー制度ってなに?

次のことを目的に、マイナンバー(個人番号)を使うサービス全般のことです。

  • 公平・公正な社会の実現
  • 国民の利便性の向上
  • 行政の効率化

マイナンバー(個人番号)

平成27年10月から、日本国内の全住民に通知される、一人ひとり異なる12桁の番号をマイナンバー(個人番号)といいます。
マイナンバーは、一生使うものです。番号が漏えいし、不正に使われるおそれがある場合を除き、一生変更されません。大切にしてください。

通知カード

通知カードのイメージ画像平成27年10月から順次みなさんの住民票の住所に、マイナンバーが記された「通知カード」が届きます。

個人番号カード

個人番号カードのイメージ画像

平成28年1月から交付が始まります。

個人番号カードは、券面に氏名、住所、生年月日、性別、マイナンバー、顔写真が表示され、本人確認のための身分証として利用できるほか、カードに標準搭載されている電子証明書を使って、e-Taxをはじめとした各種電子申請が利用できます。

個人番号カードは通知カードと違い、申請された方にのみ交付されるカードです。 

申請の方法は、通知カードに同封されている申請書に必要事項を記入し、顔写真を貼付して郵送する方法などになります。

<ページの先頭へ戻る>

2.マイナンバー制度で変わること

いろいろな効果が見込まれていますが、代表的なものをいくつかお知らせします。

官公庁などへの提出書類が減ります

平成29年1月から、市民の方が、社会保障・税・災害に関する手続をするときに、国の行政機関窓口へ提出する書類がこれまでに比べて少なくなります。
地方公共団体は、平成29年7月から運用が始まります。

きめ細やかな行政サービスと不正受給の防止

国の行政機関や都道府県・市町村などが、所得や行政サービスの受給状況を正確に確認しやすくなるため、本当に行政サービスを必要としている方をきめ細かく支援できるようになります。
また、サービスの不正受給や不当に負担を免れることを防止します。

行政の無駄の削減

国の行政機関や都道府県・市町村などの間の情報のやり取りがスムーズになるため、それぞれの行政機関などで行っている作業の重複などが減り、行政の無駄が削減されます。

<ページの先頭へ戻る>

3.マイナンバーはどんなときに使う?

「社会保障」、「税」、「災害対策」に関する行政手続にマイナンバーが必要になります。
たとえば、下記のような手続きが該当します。

  • 社会保障分野/年金、雇用保険、健康保険、児童手当、児童扶養手当、障害者手帳
  • 税分野/確定申告書、源泉徴収票、扶養控除、支払調書、法定調書
  • 災害対策分野/被災者生活再建支援金の支給

<ページの先頭へ戻る>

4.マイナンバー制度はいつから始まる?

平成27年10月から、順次始まります。

  平成27年10月~12月

  • マイナンバーの通知が始まります。
  • 住所地へ通知カードが送付されます。

平成28年1月~

  • 申請された方へのマイナンバーカードの交付が始まります。
  • 国の行政機関や都道府県・市町村の窓口へ提出する書類の一部にマイナンバーの記入が求められます。

平成29年1月~

  • 国の行政機関でマイナンバーの情報連携が始まります。
  • マイナポータル(自宅のパソコン等からマイナンバーに関する様々な情報を取得できる個人用サイトです)の利用が始まります。

平成29年7月~

  • 都道府県・市町村等の地方公共団体でマイナンバーの情報連携が始まります。
  • 役所の窓口へ提出する書類が順次削減されていきます。

<ページの先頭へ戻る>

5.プライバシーの保護

マイナンバーの漏えいを防ぐため、法律でさまざま方法が定められています。
例えば、法律で決められた目的以外にマイナンバーを使用できないほか、他人のマイナンバーを不正に入手したり、他人に不当に提供したりすると厳しく処罰されます。
また、マイナンバーカードには、所得の情報や病気の履歴などの機微な個人情報は記録されないため、マイナンバーカード1枚からすべての個人情報が分かってしまうことはありません。

<ページの先頭へ戻る>

6.マイナンバー制度のお問い合わせ先

国によるコールセンターが設置されています。
マイナンバー制度全般、通知カード・個人番号カードの詳細についてお問い合わせいただけます。
外国語(英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語)にも対応しています。

問い合わせ先はこちらから