ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

大平(おおだいら)遺跡

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年7月12日更新

この遺跡は、小千谷市の中心部より南西に約6.7キロメートル、信濃川左岸の標高約220メートルの段丘上にあり、縄文時代中期末(約4000年~4500年前)と推定される住居跡が見つかりました。

遺跡は昭和10年(1935年)頃に発見されました。その後、小千谷市教育委員会によって昭和31年(1956年)8月と昭和46年(1971年)9月の2回にわたり発掘調査が行われ、報告書が刊行されています。昭和46年の調査では、昭和31年に発見された第1号住居址(し)の西方約50メートルのところに9個の炉跡が発見されました。調査の結果、これらは縄文時代後期のものとされています。

なお、昭和32年には東京大学教授の藤島亥治郎氏の指導により、古代住居の復元が行われました。その後、管理等の関係で、山本山市民の家の敷地内に移転復元されましたが、老朽化のため平成19年(2007年)に取り壊されました。

大平遺跡の全景の画像大平遺跡の全景

遺跡直下に今も湧き出る清水の画像遺跡の直下には現在も湧水がでています

山本山にあった復元住居の画像山本山にあった竪穴住居

大平遺跡出土の土器の画像大平遺跡出土の土器

小千谷の文化財一覧に戻る