ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 生涯学習・スポーツ > 生涯学習 > 錦鯉絵型帳及び関連資料(にしきごいえがたちょうおよびかんれんしりょう)

錦鯉絵型帳及び関連資料(にしきごいえがたちょうおよびかんれんしりょう)

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年12月22日更新

基本情報

名称:錦鯉絵型帳及び関連資料 8冊
作成年代:1914(大正3年)~1915(大正4年)
内容及び由来:1914(大正3年)に東京、上野で開催された大正博覧会の際、新潟県古志郡東山村、竹沢村両村などで特産の錦鯉を出品した際の資料など。江戸時代後期から始まる錦鯉飼養の歴史の中で、錦鯉の色合いや模様など、当時の様子が絵画で現存する最古の資料である。当時の東山村長、平澤彦三郎の名義で作成されている。

鯉魚模様見取図中表紙鯉魚模様見取図の中表紙

大正時代の錦鯉の様子1大正時代の錦鯉の様子1

大正時代の錦鯉の様子2大正時代の錦鯉の様子2

大正時代の錦鯉の様子3大正時代の錦鯉の様子3

資料の内訳

錦鯉絵型帳及び関連資料
番号名称説明
1鯉魚模様見取図

大正博覧会に出品された錦鯉の絵図。表紙には「牧野子爵閣下」と記載あり。
中表紙には皇太子殿下、鍋嶋公爵閣下、松平子爵閣下とあり、それぞれに献上されたもの。錦鯉の内訳は皇太子殿下に8尾、鍋嶋公爵に6尾、松平子爵に2尾の合計16尾が描かれている。

2模様鯉魚見取図大正博覧会に出品された錦鯉の絵図。
表紙には「牧野子爵閣下」と記載あり。錦鯉11尾が描かれている。
3模様鯉魚略図帖大正博覧会の翌年に作成されたもの。奥付には鍋島侯爵閣下とあり、博覧会翌年の大正4年5月8日の日付が入る。錦鯉11尾が描かれている。
4大正博覧会出品鯉魚解説書大正博覧会での錦鯉展示の際、会場に表示されていた文章をまとめたもの。
5鯉魚沿革及説明書二十村郷における錦鯉の発祥とその経過を詳細に記したもの。平澤彦三郎と間野専之助の連名で作成されている。参毛(大正三色)、丹頂、更紗(紅白)の3尾が描かれている。
6大正博覧会での平澤彦三郎の金銭出納帳平澤彦三郎が大正3年3月16日から5月12日の間、錦鯉出品の付添として東京へ赴いた際の金銭出納帳
7子爵牧野忠篤宛ての下賜文錦鯉の皇太子殿下への献納につき、受領した旨東宮大夫からの手紙 大正3年5月22日付
8賞状大正博覧会での銀牌受賞の賞状
大正3年7月10日付、東山村竹澤村鯉魚出品組合あて

小千谷の文化財一覧に戻る