ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

明石堂(あかしどう)

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年2月24日更新

明石堂は、小千谷縮布の創始者、堀次郎将俊(ほりじろうまさとし)をお祀(まつ)りしたお堂です。堀次郎将俊は、元和六年(1620年)播磨国(今の兵庫県)明石藩士の家に生まれたと伝えられており、浪人して当地の山谷村に住み、小千谷で織られていた麻布を改良して今日の小千谷縮布の基礎を築いたと言われています。

嘉永元年(1848年)に小千谷縮に関係する人々が建設費を出して建立したもので、積雪を考慮した高床式で、内外の周囲には吉谷の柳田庄左衛門の手による彫刻をめぐらした立派なものです。

桁(けた)間、梁(はり)間各二間二尺、 高さおよそ14.8メートル、総欅(けやき)造。

堀次郎将俊は、延宝7年(1679年)に60歳で亡くなりました。極楽寺の境内に葬られ、祠(ほこら)が建てられています。

明石堂の外観の画像明石堂の外観

明石堂に施された彫刻の画像周囲には柳田庄左衛門による見事な彫刻が施されています

明石堂内部に施された彫刻の画像内部の彫刻には彩色も残っています

所在地小千谷市平成2丁目5-7地図
アクセス関越自動車道小千谷インターから車で2分

9月に行われる明石堂の一般公開についてはこちらをご覧ください。

小千谷の文化財一覧に戻る