ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

消防団

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年5月18日更新

小千谷市消防団は、消防団長を筆頭に、団本部と8ケ分団から構成されています。計698人(平成28年4月1日現在)の消防団員を配置し、防災訓練・水防訓練などを積み重ね、災害防御活動に従事するとともに、火の元点検など火災予防の啓蒙普及をおこなっています。

活動の様子小千谷市の消防団員数など消防団員異動報告書関係

活動の様子

放水訓練をする消防団員の画像 出初式で放水訓練を行う消防団員の画像
市民の家で魚沼市消防団と合同訓練          出初式で放水をする消防団

出初式で放水する消防団員の画像 訓練を行う消防団員の画像
出初式での特殊放水体形                 各地域でさまざまな訓練を重ねています

<ページの先頭へ戻る>

小千谷市の消防団員数

平成28年4月1日現在

団長:1人
副団長:2人
分団長:16人
副分団長:22人(女性消防団員1人)
部長:52人(女性消防団員1人)
班長:175人(女性消防団員2人)
団員:430人(女性消防団員11人)
計:698人(女性消防団員15人)

消防団員の身分:消防団員は特別職の地方公務員です

  • 消防団員は消防団長から任命されます。
  • 消防団への入団または、退団は自由です。
  • 個人としての活動は自由です。
  • 他の公職と兼ねることができます。

消防団とは

「自分たちの町は自分たちで守る」という郷土愛護の精神を基調とし、地域社会に奉仕する団体です。

消防団員の処遇

  • 団員報酬:階級ごとに年1回支給されます。
  • 費用弁償:災害はもとより、演習訓練などに出動したときには、手当が支給されます。
  • 公務災害補償:公務遂行中の事故などにより、病気やケガをした場合の補償制度が整備されています。
  • 退職報償金:消防団員として5年以上勤務し、退職した場合には、勤務年数や階級により、退職報償金が支給されます。

小千谷市消防団員の階級別年間報酬

平成28年4月1日現在

団長:97,000円
副団長:67,500円
分団長:48,500円
副分団長:36,000円
部長:31,000円
班長:24,000円
団員:21,500円

入団条件

小千谷市に在住又は勤務し、年齢18歳以上65歳未満、身体強健で、かつ奉仕の精神を持つ者ならば性別は問いません。

消防団員異動報告書関係

入団、昇任、退団、個人情報の変更(住所変更、入金口座変更等)の様式をダウンロードできます。

<ページの先頭へ戻る>


<関連リンク>

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)