ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 子育て > 保育・子育て支援 > ひとり親家庭のために(児童扶養手当)
トップページ > 分類でさがす > ライフイベント > 介護・福祉 > 保育・子育て支援 > ひとり親家庭のために(児童扶養手当)

ひとり親家庭のために(児童扶養手当)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

両親の離婚等により、父または母と生計を同じくしていない児童の健やかな成長のため、生活の安定と自立の促進を目的として支給する手当です。

手当を受けることができる方
対象となる児童
支払予定日
手当月額
児童扶養手当の所得制限限度額
手当に必要な書類

手当を受けることができる方

児童扶養手当は、次のいずれかに該当する児童を扶養している父または母や父母に代わって養育している方に支給されます。また父または母に重度の障がいがある場合も対象になります。

<ページの先頭へ戻る>

対象となる児童

  1. 父母が離婚した児童
  2. 父(母)が死亡した児童  
  3. 父(母)が政令に定める程度の障害の状態(年金の障害等級が1級程度)にある児童
  4. 父(母)の生死が明らかでない児童
  5. 父(母)から引き続き1年以上遺棄されている児童
  6. 父(母)が配偶者からの暴力(DV)で裁判所から保護命令を受けた児童
  7. 父(母)が引き続き1年以上刑務所などに拘禁されている児童
  8. 母が婚姻によらないで出生した児童
  9. 棄児などで出生の事情が明らかでない児童

(注意)上記でいう児童とは、18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある児童および20歳未満の障がいを有する児童をいいます。

<ページの先頭へ戻る>

支払予定日(平成29年度)

支払予定日支給する手当
平成29年4月10日(月曜日)平成28年12月~平成29年3月分
平成29年8月10日(木曜日)平成29年4月分~平成29年7月分
平成29年12月8日(金曜日)平成29年8月分~平成29年11月分

手当月額(平成29年4月1日現在)

所得額及び児童数により、手当月額は異なります。

児童数全額支給一部支給
児童1人42,290円42,280円~9,980円
児童2人9,990円を加算9,980円~5,000円を加算
児童3人以上3人目以降1人につき5,990円を加算3人目以降1人につき5,980円~3,000円を加算

<ページの先頭へ戻る>

児童扶養手当の所得制限限度額

手当の受給資格の認定を受けている方、その配偶者又は一定の範囲内の扶養義務者(父母、祖父母、子、兄弟姉妹など)の所得が、次の表に掲げる額以上であるときは、手当額の全部又は一部について、支給が停止されます。

児童扶養手当所得制限限度額は、次のとおりです。

扶養親族等の数本人(全部支給)本人(一部支給)扶養義務者等
0人190,000円1,920,000円2,360,000円
1人570,000円2,300,000円2,740,000円
2人950,000円2,680,000円3,120,000円
3人1,330,000円3,060,000円3,500,000円
4人1,710,000円3,440,000円3,880,000円

(注意)上記の所得制限額は、総所得額から児童扶養手当について認められている寡婦控除、寡婦特例控除、障害者控除、医療費控除などの所得控除を行った後の所得額について適用します。

<ページの先頭へ戻る>

手当に必要な書類

戸籍の全部証明書(戸籍謄本)、住民票、所得証明、印鑑、その他

(書類を省略できる場合がありますので窓口にご相談ください)