ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

投票制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月5日更新

期日前投票制度

期日前投票

仕事やお出かけなどで選挙期日当日に投票所で投票できないと見込まれる方は、選挙期日より前に投票することができます。

対象となる投票

小千谷市の選挙人名簿に登録されている方が行う投票が対象です。

対象となる方

選挙期日に以下の事由に該当すると見込まれる方が対象です。

  • 仕事・学業・冠婚葬祭といった予定がある
  • 旅行などにより投票区域外に外出する
  • 病気・けが・妊娠などのため歩行が困難である
  • 交通至難の島などに滞在している
  • 他市区町村に住所を移している
  • 災害や悪天候のため投票所に到達することが困難である

投票期間

選挙期日の公示・告示の日の翌日から選挙期日の前日までの間です。

 

不在者投票制度

不在者投票

市外に滞在している方や病院に入院している方などで、選挙期日や期日前投票期間中に投票に行くことができない場合に、滞在地や入院中の病院などで事前に投票することができます。

市外での不在者投票

長期出張などで選挙期日や期日前投票期間中に市外に滞在している場合、滞在地の選挙管理委員会で不在者投票ができます。
ただし、不在者投票のできる時間は滞在地の選挙管理委員会によって異なる場合があります。

指定病院等での不在者投票

新潟県選挙管理委員会の指定を受けた病院・老人ホームなどに入院・入所している方は、その施設内で不在者投票ができます。

市内の指定病院等
施設名称郵便番号所在地電話番号
指定病院小千谷総合病院947-8701小千谷市大字平沢新田1110258-81-1600
老人保健施設 春風堂947-0043小千谷市大字山谷1635-1000258-83-1311
老人保健施設 水仙の家947-0022小千谷市元町10-10258-83-1060
小千谷さくら病院947-0041小千谷市大字小粟田27320258-83-2680
老人ホーム小千谷市養護老人ホーム947-0041小千谷市大字小粟田2732-60258-83-2196
特別養護老人ホーム 小粟田の里947-0041小千谷市大字小粟田2732-70258-83-2100
特別養護老人ホーム おぢやさくら947-0041小千谷市大字小粟田2732-140258-83-1786
地域密着型介護老人福祉施設 ときみずの家947-0033小千谷市大字時水182-10258-81-6120
ケアハウス ひう947-0003小千谷市大字薭生乙1389-60258-83-2290
特別養護老人ホーム 片貝さくら947-0101小千谷市片貝町4708-10258-81-2051
地域密着型介護老人福祉施設 千谷島の家947-0053小千谷市大字千谷川3020258-81-6211
地域密着型介護老人福祉施設 つつじガーデン小千谷947-0016小千谷市大字四ツ子509-10258-84-0030
モス・コーラ特別養護老人ホーム947-0035小千谷市大字桜町3136-20258-86-7072
その他小千谷警察署947-0028小千谷市城内3-1-50258-83-0110

郵便等による不在者投票

身体障害者手帳・戦傷病者手帳・介護保険被保険者証を持つ方で、以下に該当する場合、自宅から郵便等により投票できます。

手帳等の種類障がい等の部位障がい等の程度
身体障害者手帳両下肢、体幹、移動機能1級または2級
心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸1級または3級
免疫、肝臓1級から3級
戦傷病者手帳両下肢、体幹特別項症から第2項症
心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、肝臓特別項症から第3項症
介護保険の被保険者証要介護状態区分要介護5

 

 

 

 

 


また、郵便等による不在者投票ができる方で、以下に該当する場合、あらかじめ選挙管理委員会に届け出た代理記載人に、自分の代わりに投票を記載させることができます。
代理記載人は、選挙権を有する方に限ります。

手帳等の種類障がい等の部位障がい等の程度
身体障害者手帳上肢、視覚1級
戦傷病者手帳上肢、視覚特別項症から第2項症

 

 

 

郵便等による不在者投票を行う場合、「郵便等投票証明書」が必要です。
上記に該当する方で、「郵便等投票証明書」を持っていない方や、証明書の有効期限が切れた方は、事前に「郵便等投票証明書」の交付申請を行ってください。

郵便等投票証明書交付申請書

 

在外投票制度

在外投票

国外に住んでいる場合でも、衆議院議員選挙(小選挙区選挙・比例代表選挙)および参議院議員選挙(選挙区選挙・比例代表選挙)に限り投票することができます。
ただし、投票するためには、在外選挙人名簿に登録されている必要があります。

在外選挙人名簿への登録資格

在外選挙人名簿へ登録されるには、次の全ての資格を有する必要があります。

  • 日本国籍をお持ちの方
  • 年齢が満18歳以上である方
  • 住所を管轄する日本大使館・総領事館の管轄区域に引き続き3か月以上お住まいの方

在外選挙人名簿への登録申請方法

在外選挙人名簿へ登録されるには、在外選挙人名簿への登録申請が必要です。
お住まいの住所を管轄する日本大使館・総領事館を通じて、日本での最終住所地または本籍地の市区町村選挙管理委員会に在外選挙人名簿への登録を申請してください。
在外選挙人名簿へ登録されると、投票に必要な「在外選挙人証」が申請先の市区町村選挙管理委員会から日本大使館・総領事館を通じて交付されます。

在外選挙人名簿への登録申請方法等について [PDFファイル/283KB]

在外選挙の投票方法

在外投票には、次の3つの投票方法があります。

在外公館投票

直接日本大使館・総領事館に出向いて、在外選挙人証と旅券等の身分証明書を提示して投票する方法です。
在外公館投票が実施される日本大使館・総領事館であれば、どこでも投票できます。

郵便等投票

在外選挙人名簿登録先の選挙管理委員会に対して投票用紙等の交付請求を行い、投票用紙等に記載の上、再び登録先の選挙管理委員会へ郵便等により送付することにより投票する方法です。
投票用紙の請求及び記載後の投票用紙の送付における郵送料は、ご自身で負担いただきます。

日本国内における投票

旅行等により一時帰国した方や、帰国直後で転入届を提出して3か月を経ていない方が、日本国内にて以下のいずれかにより投票する方法です。

  • 期日前投票
  • 不在者投票
  • 当日投票 

在外選挙制度についての詳細

在外選挙制度についての詳細は、外務省のホームページをご覧ください。

外務省のホームページはこちら(別の窓が開きます)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)