ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 防災 > 災害時情報提供 > 豪雨災害により被災された方への公的支援

豪雨災害により被災された方への公的支援

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月4日更新

7月18日に発生した豪雨災害により、被災されたみなさまに対しまして心からお見舞い申し上げます。

り災証明書や被災証明書の発行についてや、問い合わせ窓口をお知らせします。

なお、税務課では危機管理課を通して報告を受けた床上・床下浸水など被災された家屋について、7月20日(木曜日)から被害認定調査を開始しました。
これは固定資産税の減免対象家屋の把握並びに「り災証明書」を発行するための調査です。
みなさまの御理解と御協力をお願いいたします。

被災証明書

り災証明書

市税などの減免

見舞金の支給

被災中小企業支援

農地等の災害復旧事業(市単独災害復旧事業)

農地に流入した流木等燃やすごみの処分

問い合わせ窓口一覧

被災証明書

被災証明は、「り災証明書」のように建物のり災の程度を証明するものではなく、小千谷市内で発生した災害により、建物や家財等が被害を受けたことを証明するもので、損害保険の見舞金申請や学費減免申請等に必要な場合があります。
申請方法等詳細についてはお問い合わせください。

問い合わせ

危機管理課(電話番号:0258-83-3515)

<ページの先頭へ戻る>

り災証明書

建物の損害保険会社などから被害程度(半壊、一部損壊など)が記載された証明を求められた場合は、申請により「り災証明書」を発行します。
被害認定調査に基づき、7月25日(火曜日)から税務課窓口において順次受付、発行します。

問い合わせ

税務課資産税係(電話番号:0258-83-3508)

<ページの先頭へ戻る>

市税などの減免

固定資産税の減免

減免に該当する方

床上浸水(半壊)以上の判定をされた家屋の所有者(納税義務者)

減免の対象となる税額

平成29年度固定資産税第2期(7月31日納期限)以降の家屋に係る税額
※すでに納められた税額については対象となりません。
※減免割合は被害の程度により決定します。

申請手続

減免に該当する方には、税務課から連絡します。

問い合わせ

税務課資産税係(電話番号:0258-83-3508)

市・県民税、国民健康保険税、介護保険料、後期高齢者医療保険料の減免

減免に該当する方

床上浸水(半壊)以上の判定をされた納税義務者

減免の対象となる税額

  • 市・県民税:普通徴収(納付書、口座振替)は第2期、特別徴収(給与天引き)は7月分以降に係る税額
  • 国民健康保険税:7月分以降に係る税額
  • 介護保険料・後期高齢者医療保険料:7月分以降に係る保険料

※平成29年度分の税額が対象です。すでに納められた税額については対象となりません。

申請手続

減免に該当する方には、税務課から連絡します。

問い合わせ

税務課市民税係(電話番号:0258-83-3508)

<ページの先頭へ戻る>

見舞金の支給

支給対象・支給要件

豪雨災害の発生時に本市内に居住し、居住する住宅(店舗、工場などの併用住宅の場合は、居住部分に限る)に被害を受けた世帯の世帯主で、市が実施する被害認定調査において、住宅の被害が床上浸水と判定されていること。
対象となる世帯には、市から申請書などを送付します。

見舞金の支給額

1世帯当たり30万円(1人世帯は22万5千円)

申請受付期間

8月7日(月曜日)~9月8日(金曜日)

申請・問い合わせ

建設課建築住宅係(電話番号:0258-83-3514)

<ページの先頭へ戻る>

被災中小企業支援

被災した事業者が、以下の制度融資を利用する場合、信用保証料全額及び借入後3年間の利子補給を助成します。

融資名資金使途貸付限度額(千円)貸付期間利率信用保証料の補給利子補給
県セーフティネット資金(経営支援枠・自然災害要件)

運転
設備

30,0003年以内
3年超5年以内
5年超7年以内 
1.15%
1.35%
1.55%
100%3年間期間中全額
市中小企業経営安定資金 運転10,000

5年以内
5年超7年以内

1.55%
1.75%
100%
市中小企業振興資金設備20,000

7年以内
7年超10年以内

1.65%
1.85%

申請受付期間

8月7日(月曜日)~平成30年2月28日(水曜日)

申請・問い合わせ

商工振興課地域産業係(電話番号:0258-83-3556)

<ページの先頭へ戻る>

農地等の災害復旧事業(市単独災害復旧事業)

豪雨によって被災した農業用施設、農地、水産養殖施設(養鯉池等)の復旧に要する費用を補助します。

補助対象事業

農業用施設、農地、水産養殖施設(養鯉池等)の災害復旧

※農業用施設、農地は事業費が10万円以上、水産養殖施設(養鯉池等)は事業費が20万円以上100万円以下

補助率

40%以内

問い合わせ

農林課農林整備係(電話番号0258-83-3510)

<ページの先頭へ戻る>

農地に流入した流木等燃やすごみの処分

豪雨により農地に流入した流木等の燃やすごみの処分については、市の処理施設に搬入する場合、全額減免しますので、希望する方は下記により手続してください。

受入手続の流れ

  1.  流木等の流入状況の写真を農林課の窓口に持参する。
  2.  窓口で減免申請書を記入し提出する。
  3.  減免申請書の写しを受け取り、サンクリーン時水(時水清掃工場)に搬入する際に、提示してください。

サンクリーン時水(時水清掃工場)搬入受付時間

  • 月曜日~金曜日:午前8時30分~午後4時
  • 土曜日:午前8時30分~午前11時

搬入期限

8月10日(木曜日)

その他

宅地内に流入した流木等の処分も、無償で受入しています。被災証明書または罹災証明書を、市民生活課環境衛生係に提示し、無料の搬入証明書の交付を受けてください。

注意事項

  • 業者による搬入は、減免の対象になりません。
  • ごみは、長さ60センチメートル以内、直径30センチメートル以内に切断し、搬入してください。
  • 指定ごみ袋は使用しないでください(使用しても返却できません)。

問い合わせ

農林課農林整備係(電話番号0258-83-3510)

<ページの先頭へ戻る>

問い合わせ窓口一覧

■受付時間/平日の午前8時30分~午後5時15分
■受付期間/災害対策本部設置期間中

内容担当窓口電話番号
被災証明書危機管理課0258-83-3515
り災証明書・固定資産税の減免税務課資産税係0258-83-3508
市・県民税、国民健康保険税、介護保険料、後期高齢者医療保険料の減免税務課市民税係0258-83-3508
見舞金の支給建設課建築住宅係0258-83-3514
被災中小企業支援商工振興課地域産業係0258-83-3556
災害により発生したごみ処理市民生活課 環境衛生係0258-83-3509
農地等の災害復旧事業(市単独災害復旧事業)農林課農林整備係0258-83-3510
農地に流入した流木等燃やすごみの処分農林課農林整備係0258-83-3510
その他災害に関すること危機管理課0258-83-3515

<ページの先頭へ戻る>