ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

ライフラインの復旧

印刷用ページを表示する 掲載日:2009年3月11日更新

水道、ガス、下水道、電気の復旧経過

水道

■被害/取水・浄水・配水施設すべてに損傷
■配水管事故率/0.215件:1キロメートル
■給水不能戸数/13,446戸
■被害想定額/30億円
■復旧過程/
・平成16年10月24日~応急給水開始:県内外の応援31団体、47台(給水車)
・ 平成16年10月25日~自家発電による浄水開始
・ 平成16年10月26日~通水調査・復旧作業開始(東京都・横浜市・横須賀市・千葉県・新潟市)
・ 平成16年11月15日:日本水道協会応援復旧活動終了
・ 平成16年11月30日:応急給水活動終了
・ 平成16年12月15日現在 13,446戸のうち復旧13,120戸(復旧率97.58パーセント)
・ 平成20年1月15日:復旧工事完了

ガス

■被害/ガスホルダー、供給設備に損傷
■供給停止戸数/約12,000戸全供給停止
■被害想定額/12億円
■復旧過程/
・ 平成16年10月25日:日本ガス協会復旧支援先遣隊到着(平成16年10月27日作業開始)
・ 平成16年10月27日~中圧管点検復旧作業開始(平成16年10月29日~製圧所点検復旧作業1,300人体制)
・ 平成16年11月2日~供給開始(片貝地区より順次拡大)
・ 平成16年11月30日:日本ガス協会による応援復旧活動終了
・ 平成16年12月7日:新潟県ガス協会による応援復旧活動終了
・ 平成16年12月15日現在:供給停止戸数:81戸
・ 平成16年12月27日:復旧完了

下水道

・ 上水道の復旧作業に合わせて供用を再開する。支障箇所にはポンプアップによる対応とする。
・ 避難所などの仮設トイレの対応
■復旧過程/・平成16年10月29日~12月6日バキューム車の応援活動(新潟県環境整備事業協同組合)
・ 平成18年11月30日:災害復旧工事完了

電気

■停電戸数/小千谷市全域 停電19,470戸(平成16年10月23日)
■復旧過程/
・ 平成16年10月26日:市街地の一部に通電を開始。普及率32.6パーセント
・ 平成16年10月27日:東小千谷の一部、上片貝、上坪野及び東山地区全域を残して通電を開始。普及率76.0パーセント
・ 平成16年11月2日頃:東山地区を除く市内に通電を開始。普及率95.2パーセント
・ 平成17年4月現在:東山十二平地区を除き通電完了。