ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 危機管理課 > 小千谷市自主防災組織連絡協議会防災事業奨励金

小千谷市自主防災組織連絡協議会防災事業奨励金

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月16日更新

小千谷市自主防災組織連絡協議会では、協議会を構成する市内の自主防災組織の育成を図るため、同組織が行う防災訓練、防災活動及び防災研修の事業に要する経費に対し、防災事業奨励金を交付しています。

この奨励金は、協議会の予算の範囲内において、各々年一回に限り交付します。

対象となる事業の例

防災訓練

主に市が主催する市総合防災訓練、市地区別防災訓練及び市原子力防災訓練などに参加した場合

防災活動

自主防災会が計画した訓練で、消火栓取扱・放水訓練、救急救命講習(心肺蘇生法、AED取扱訓練)、避難行動要支援者安否確認訓練など実施した場合

防災研修

市が主催する防災リーダー研修会などに参加した場合

<ページの先頭へ>

申請から交付までの流れ

事業実施通知書および事業実績報告書等の必要書類については、小千谷市自主防災組織連絡協議会総会時に配布しています。
協議会事務局にも用意してありますので、必要な場合はご連絡ください。

1 事業実施通知書の提出

防災事業奨励金の交付を受けようとする自主防災会長は、事業実施前に申請が必要です。
事業実施通知書に必要事項を記載し、協議会事務局(危機管理課)宛に提出してください。

注意事項

消火栓を使用した訓練を行う場合や救急救命講習等で講師の派遣を希望する場合など、実施する事業内容によっては上記の事業実施通知書のほかに別途申請が必要な場合があります。不明な点は、担当までお問い合わせください。

2 事業の実施

協議会事務局より、防災事業奨励金の交付決定通知書を送付します。
交付決定通知を受けてから事業を実施してください。

3 事業実績報告書の提出

事業完了の日から起算して30日以内に、事業実績報告書に必要書類を添えて、協議会事務局宛に提出してください。

4 奨励金の交付

事業実績報告書の提出を受け、協議会事務局より、奨励金等確定通知を送付します。
金額、入金日等をご確認ください。