ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 防災 > 防災メモ > 防災メモ(2)【災害用トイレの備蓄】

防災メモ(2)【災害用トイレの備蓄】

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月29日更新

万一の場合に備え、災害用トイレを確保しておきましょう

災害発生により、下水道施設などが被害を受けたときは、下水道管に流れ込む水を少なくするため、トイレの使用をできる限り控えてもらう必要があります。
また、トイレを我慢することにより体調を崩すおそれがあるため、災害発生から2日程度の間使用する携帯トイレなどは、自分たちで準備しておくことが大切です

家庭・企業では

  • 災害発生から2日間程度の使用予定者分の携帯トイレなどの備蓄をしましょう。
  • 各家庭などで備蓄できるトイレは、次のとおりです。いずれのトイレもホームセンターや百貨店で購入できます。使用後の処理は、市の指示により行うことになります。
    【携帯トイレ】既設トイレの便座などに便袋を設置し、使用後はし尿をパックし処分するタイプをいいます。
    【簡易トイレ】室内に設置可能な小型で持ち運びができるトイレで、し尿を貯留するタイプ。介護用のポータブルトイレも含みます。

市では

  • 避難所やトイレの使用が困難な地域の被災者に対し、トイレを確保します。
  • 市の基幹避難所(大規模な避難所)には、緊急対応として使用する洋式の組立トイレの備蓄を進めます。
    【組立トイレ】災害発生時に組み立てて使用する屋外型(くみ取り便層付き)で、平常時は部品を折りたたんだ状態で保管します。
  • 仮設トイレの確保について、企業・事業所・団体などと協定を結び、調達体制の整備を進めます。
    【仮設トイレ】工事現場やイベントなどで利用されているタイプ。洗浄方式は、簡易水洗方式・泡式・非水洗の3タイプがあり、いずれも貯留方式でくみ取りが必要です。