ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成25年度 > 平成25年11月 > 「四尺玉カップ」争奪近県女子中学校バレーボール大会が開催されました

「四尺玉カップ」争奪近県女子中学校バレーボール大会が開催されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年11月18日更新

11月9日(土曜日)・10日(日曜日)、片貝中学校体育館をメイン会場に「四尺玉カップ」争奪近県女子中学校バレーボール大会が開催されました。
北信越地区の強豪チームや、小千谷市、長岡市など県内の中学校など34チームが集い、2日間にわたり優勝を争いました。
決勝戦は富山県の呉羽中学校と福井県の福井工業大付属福井中学校の対戦となり、第3セットまでもつれこむ白熱した展開でしたが、福井中学校が見事優勝を飾りました。
市内のチームでは、片貝中学校の2回戦進出が最高位でしたが、近県の強豪校と対戦し、レベルアップを図れたようでした。

ずらりと参加チームの選手が並んだ開会式の画像
ずらりと参加チームが揃った開会式
試合をする地元の片貝中学校バレーボール部の画像
地元での勝利を目指して、片貝中学校も奮闘しました
真剣な眼差しで監督の指示を聞く片貝中学校バレーボール部の画像
真剣な表情で監督の指示を聞く片貝中学校バレーボール部
小千谷市総合体育館での試合の画像
総合体育館などでも熱戦が繰り広げられました
白熱した決勝戦の画像
決勝戦では、ハイレベルな攻防を見せてくれました
表彰式をカップを受け取った選手の画像
優勝チームに大きなカップが贈られました