ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

春の野鳥観察会が行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年5月23日更新

毎年5月10日~16日は愛鳥週間です。これにあわせて5月12日(日曜日)、山寺山で春の野鳥観察会が行われました。
当日は朝の5時30分にちぢみの里に集合し、講師である日本野鳥の会会員の中山正則さんの案内で、野鳥を観察しながら山寺山まで登りました。

19人の一般参加者は双眼鏡と、野鳥の写真と名前が記載された観察シートを手に山道を歩き、野鳥の姿を見つけると記録をつけていきました。
また姿は見えなくても、鳴き声だけでどの野鳥か判別していました。講師の中山さんによると、この日はヒヨドリやウグイス、メジロなど29種類の野鳥が観察されました。

早朝に降っていた小雨も途中からやみ、参加者はさわやかな朝の空気の中、目と耳で春の野鳥観察を楽しんでいたようでした。

ちぢみの里を出発する参加者の画像
まだ肌寒い早朝に、ちぢみの里を出発しました
双眼鏡などを使い野鳥を観察する参加者の画像
参加者は、双眼鏡や望遠鏡で野鳥を観察しました
木の葉に隠れている野鳥を目を凝らして探す参加者の画像
鳴き声はすれど姿は見えず。じっと目を凝らして野鳥を探します
木にとまる野鳥の画像
たくさんの野鳥を観察することができました