ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成25年度 > 平成25年8月 > 復興検証こどもワークショップが開催されました

復興検証こどもワークショップが開催されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年8月27日更新

8月19日(月曜日)、サンプラザで市内の小学5・6年生約100人が参加し、震災からの復興を考える「復興検証こどもワークショップ」が開催されました。
当日は最初に、「小千谷の先輩の話」として、前小千谷市長の関広一さんと有限会社農園ビギンの新谷梨恵子さんから、中越大震災時の体験談や市外から小千谷に人を呼び込む方法などを聴きました。
その後、先輩の話を参考にして各グループごとに、小千谷をよりよくするために取り組むことを書き出し、参加者全員で投票しました。
投票の結果、「自分の命は自分で守る」、「困った時に助け合い協力する」といった意見が上位となりました。

今回の参加児童は中越大震災当時2~3歳で、あまり震災の記憶はないようでしたが、先輩の体験談などを聴き、震災に対しての認識を深めていました。
このワークショップの結果は、今後の復興推進委員会で取り上げる予定です。

児童に講演をする関さんの画像
関さんから、中越大震災当時の体験談を披露していただきました
新谷さんの話を聴く児童の画像
新谷さんの話に、全員が熱心に聴き入っていました
カードに記入する児童の画像
先輩の話をもとに、それぞれカードに書き出しました
記入したカードを紙に並べる児童の画像
書き出したカードをテーマごとに並べました
意見を発表する児童の画像
グループの意見を発表しました
出された意見に投票する児童の画像
出された意見に対し、全員で投票しました