ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成25年度 > 平成25年6月 > わんぱく相撲新潟県大会が開催されました

わんぱく相撲新潟県大会が開催されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年7月2日更新

6月23日(日曜日)、片貝の浅原神社相撲場で、第29回わんぱく相撲全国大会予選新潟ブロック大会兼第22回JCわんぱく相撲新潟県大会小千谷場所が開催されました。
小千谷市でわんぱく相撲の県大会が開催されるのは13年振りとなります。

当日は小千谷を含む県内9ブロックから勝ち上がった4~6年生の男子小学生65人がエントリーし、団体戦と個人戦で熱戦を繰り広げました。
攻守が目まぐるしく変わる取組があったり、微妙な判定には審判員が協議するなど、大人顔負けの白熱した取組が行われました。

今大会の上位入賞者は7月に東京・両国国技館で行われる全国大会に出場します。

選手宣誓をする小千谷代表の選手の画像
地元小千谷代表の選手が選手宣誓を行いました
元気なあいさつをして土俵に入る選手の画像
名前を呼ばれ、大きな声で返事をしてから土俵に入ります
立ち合いの画像
見合って見合って、待ったなし
土俵際で白熱した相撲をとる選手の画像
土俵際での手に汗握る攻防
微妙な判定の協議をする審判団の画像
微妙な判定では審判団が協議しました
閉会式の画像
昨年完成した屋根つきの土俵で開催されました