ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成25年度 > 平成25年10月 > 「小千谷うまいもの祭&本町イキイキ商業まつり」が行われました

「小千谷うまいもの祭&本町イキイキ商業まつり」が行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年10月17日更新

10月6日(日曜日)、本町2丁目の国道を歩行者天国にして「小千谷うまいもの祭&本町イキイキ商業まつり」が行われ、小千谷のおいしい食を堪能しようと、おおぜいの方が会場を訪れました。
18回目の開催となった今回は、史上最多の44社が出店しました。

会場の中央に設置されたステージでは、小千谷幼稚園とつくし幼稚園の園児たちがかわいらしいお遊戯を披露したほか、東小千谷中学校と小千谷中学校の吹奏楽部による演奏が行われ、来場者を楽しませていました。

また、サブステージでは新潟県のご当地ヒーロー「超耕21ガッター」との撮影会が行われ、午後からは中央のステージでショーが行われました。
普段テレビ越しに見ているヒーローの闘いを間近に見られるとあって、子どもたちは目を輝かせ、大きな声で応援していました。

ショーの後には、テレビやラジオなどで活躍されているヤンさんと湯浅みわさんとのジャンケン大会が行われました。
景品として県産コシヒカリなどのほか、各飲食ブースなどから提供された「うまいもの」が多数用意され、来場者は楽しみながらも、真剣な様子でジャンケンに参加していました。

ステージでお遊戯を披露する園児の画像
どの園児も元気よく踊っていました
飲食ブースの画像
行列のできる飲食ブースもありました
日本酒の試飲コーナーの画像
日本酒の利き酒ブース
演奏する吹奏楽部の画像
吹奏楽の多彩な音色が会場全体に響き渡っていました
超耕21ガッターショーの画像
「がんばれー!」と大きな声を出しながら応援していました
餅つきをする子どもの画像
会場の一角では餅つき体験も行われました
司会のヤンさんとジャンケンをする来場者の画像
大人から子どもまで「ジャンケン、ポン!」
会場全体の画像
最後までおおぜいの来場者で賑わっていました