ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成25年度 > 平成25年12月 > つなぐオペラコンサートが開催されました

つなぐオペラコンサートが開催されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月24日更新

12月22日(日曜日)、市民会館大ホールで「つなぐオペラコンサート」が開催されました。
これは、世界や日本の音楽のすばらしさを心と目で聴いて、小千谷の方々に笑顔になってもらいたいという思いから、吉谷地区出身のオペラ歌手・品田広希さんの呼びかけで企画されたものです。

コンサートは三部構成で、第一部の冒頭、真っ赤な服の闘牛士に扮した品田さんが、「オペラ”カルメン”」を歌いながら観客席後方から登場すると、その演出に驚いた観客から大きな拍手が送られました。
その後、ソプラノの尾形志織さん、テノールの吉田連さんとともに、オペラの名曲が演技を交えて披露されました。
なかでも、品田さんと吉田さんが菅笠や手作りのみのをまとって、曲目とはまったく関係ない小千谷について話し出すと、会場は笑いに包まれました。

第二部では、ステージ上に大きなクリスマスツリーが登場し、「アメイジング・グレイス」などクリスマスにちなんだ曲が歌われました。
また、「きよしこの夜」を観客と一緒になって合唱するなど、会場全体を巻き込んでの演出もありました。

日本人の心の歌をテーマにした第三部では、コミカルな演技を交えた「おにのパンツ」が観客の笑いを誘ったほか、力強い歌声とともに「千の風になって」「花は咲く」などが披露されました。

最後のアンコールでは、品田さんが通っていた当時の吉谷小学校長である玉井龍さんを前に、品田さんが「ふるさと吉谷」を熱唱すると、観客から万雷の拍手が送られました。

オペラ”カルメン”を披露する品田さんの画像
品田さんは真っ赤な闘牛士の衣装で登場し、バリトンの歌声を披露しました
小千谷の話で会場を盛り上げる品田さんと吉田さんの画像
小千谷の地名についての品田さん(写真右)と吉田さん(写真左)の掛け合いは会場の笑いを誘いました
きよしこの夜を歌う品田さん、尾形さん、吉田さんの画像
終始すばらしい歌声が会場に響き渡りました
きよしこの夜を合唱する観客の画像
会場の観客も一緒になってきよしこの夜を歌いました