ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

手作り味噌体験が行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年12月13日更新

12月2日(日曜日)、真人町の古民家「田舎っぺ」で手づくり味噌体験が行われました。
これは、地元のまちおこし団体「きらり真人」のみなさんによって毎年開催されているもので、今回は市内外から20人が参加しました。

参加者は、小千谷産の大豆を蒸してつぶしたものに麹や塩を加えて手で丁寧にこね、味噌を仕込みました。毎年参加されている方もおり、みなさん協力しながら手際よく作業していました。
今回作った味噌は桶の中で熟成され、来年の秋にはおいしい味噌になるとのことです。

体験終了後の昼食では、「きらり真人」のみなさんが作った田舎の「ごっつぉ」が出され、みなさんおいしそうに食べていました。

麹と塩を混ぜ合わせる参加者の画像
麹と塩の分量を量り、混ぜ合わせます
大豆を機会でつぶす作業の画像
機械を使って蒸した大豆をつぶします
蒸した大豆に麹をかけている画像
塩と混ぜ合わせた麹を、つぶした大豆に均一にかけます
大豆と麹と塩を混ぜて手でこねる参加者の画像
丁寧に混ぜ合わせ、味噌を作ります
混ぜ合わせた大豆と麹を桶に入れている画像
桶に仕込み、作業は完了。来年秋まで熟成します
田舎料理をいただく参加者の画像
たくさんの「ごっつぉ」が並べられました