ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成23年度 > 平成23年12月 > 手づくり味噌体験が行われました

手づくり味噌体験が行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月28日更新

12月18日(日曜日)、真人町の古民家「田舎っぺ」で今年3回目の手づくり味噌体験が行われました。

参加者は、地元のまちおこし団体「きらり真人」の方の指導のもと、小千谷産の大豆を蒸してつぶしたものに、麹や塩を加えて、手でこねて味噌を仕込みました。

熟成されて、来年の秋にはおいしい味噌ができるとのことです。

昼食には、田舎の「ごっつぉ」が出され、食べきれないほどの大皿料理に舌鼓を打っていました。

また手づくりの味噌を使った味噌汁は、まろやかな優しい味で、おかわりをする人もいました。

指導にあたった「きらり真人」の会員の方は、「最近は家庭で味噌を作らなくなったので、無添加でおいしい味噌を多くの人に作ってもらって、伝えていってほしい」とおっしゃっていました。

蒸した大豆の画像
小千谷産の大豆を使います
大豆を機会でつぶす作業の画像
機械を使って蒸した大豆をつぶします
麹の分量を測る参加者の画像
参加者同士で、麹の分量を量ります
大豆と麹と塩を混ぜて手でこねる参加者の画像
蒸してつぶした大豆と麹と塩を混ぜ合わせて、味噌を作ります
桶に入れられた味噌の画像
仕込まれた味噌は、来年秋まで熟成します
田舎料理をいただく参加者の画像
食べきれないほどの田舎料理が並べられました