ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成22年度 > 平成22年8月 > スポーツ少年団空手道交流大会が行われました

スポーツ少年団空手道交流大会が行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年9月8日更新

小千谷市震災復興スポーツ交流事業スポーツ少年団空手道交流大会(小千谷市、小千谷市教育委員会主催)が、8月28日(土曜日)~29日(日曜日)に総合体育館で行われました。これは中越大震災に際し、全国からご支援・ご協力をいただいたことに対し、復旧・復興に向けて頑張って、元気になった当市の姿を見ていただくため、お世話になった地域とスポーツを通じて交流を図ろうと3年前から行っているものです。
1年目は野球、2年目はバスケットボール、そして最終年度の今回は空手の大会となりました。今回、小千谷空手道スポーツ少年団と片貝空手道スポーツ少年団のほか、県内外から11団体が参加しました。
28日は帝京大学空手部などによる技術講習会や合同練習会、29日は小・中学生の交流大会が行われ、男女合わせて132人が出場しました。
選手は形、組手の部それぞれに出場し、日頃の鍛錬の成果を発揮していました。特に組手の部では、正拳突きや上段蹴りが鮮やかにきまると、会場からは大きな拍手が沸き起こっていました。

中学女子「形」演技の画像
中学女子の凛々しい「形」の演技
中学男子「形」の演技の画像
中学男子の迫力ある「形」の演技
女子「組手」の画像
女子組手、上段蹴りをかわし反撃
男子組手の画像
男子組手、鮮やかに上段へ蹴りがきまる