ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成22年度 > 平成22年5月 > こいこいスポーツクラブおぢやのスポーツイベントが開催されました

こいこいスポーツクラブおぢやのスポーツイベントが開催されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年5月18日更新

5月8日(土曜日)、9日(日曜日)と、小千谷市総合型地域スポーツクラブ「こいこいスポーツクラブおぢや」が主催するスポーツイベントが開催されました。
いずれの日も駅伝やマラソンのテレビ解説でおなじみの、金哲彦さん(NPO法人ニッポンランナーズ理事長)を講師にお迎えし、8日は「金哲彦氏とさわやかウォーキング」、9日は「親子かけっこ教室」と題して行われました。
8日は千谷運動公園で晴天の下、一般のウォーキング愛好者など20人が参加しました。金さんによると、歩く前の準備体操やストレッチ、特に肩甲骨や肩、首筋のストレッチは大事で、呼吸も楽になるとのことです。また、足は骨盤から動かすことが重要とのことで、参加者はそのストレッチ方法などに興味深く聞き入っていました。その後、河川敷の遊歩道を金さんとともにウォーキングしました。参加者はさわやかな五月晴れの中、気持ちよさそうに歩いていました。
9日は総合体育館メインアリーナに、親子総勢40人が集まりました。この教室は、「短距離走を早く走るには」をテーマに、2人で行うストレッチやバランス運動、遊び感覚で筋力アップをはかる「片足鬼ごっこ」などを行いました。途中、金さんからは、北京オリンピック金メダリストのウサイン・ボルト選手を例にあげ、早く走るには「できるだけ早く動く」「できるだけ大きなストライドをとる」ことが大事との説明がありました。ボルト選手のストライドはなんと、3メートルもあるそうです。参加した親子は遊び感覚で体験するこの講習に、楽しそうに歓声をあげ汗を流していました。

遊歩道を歩く金さんと参加者の画像
快晴の下、遊歩道を歩く(8日)
ストレッチする参加者の画像
ウォーキング前のストレッチは入念に(8日)
バランス運動を指導する金氏の画像
おなかに力を入れてバランスをとる(9日)
メインアリーナを走る子どもたちの画像
ほら、さっきよりも早く走れるね(9日)