ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成26年度 > 平成26年4月 > 小千谷市立総合支援学校が開校しました

小千谷市立総合支援学校が開校しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年4月11日更新

4月10日(木曜日)、小千谷市立総合支援学校の開校式と入学式が行われました。
今年度は小学部、中学部、高等部の新1年生11人を迎え、全校生徒29人での開校となりました。
この日は鞍立教育委員会委員長から小川校長へ校旗の授与が行われました。
また、校歌を作詞した国見修二さんが歌詞に込められた思いを述べられ、作曲した池田芳幸さんの指揮により全員で校歌を斉唱しました。
式の後には校舎前で、各自が願い事を書いた風船を飛ばし、開校を祝いました。飛ばした風船は風に乗って、夕方には福島県に届いたと連絡がありました。

新しい校旗を授与される小川校長先生の画像
鞍立教育委員会委員長から小川校長へ、新しい校旗が授与されました
喜びの言葉を述べる児童生徒代表の画像
児童生徒の代表が喜びの言葉を発表しました
校歌を作詞した国見さんと作曲をした池田さんの画像
校歌を作詞した国見さんが、歌詞に込めた思いを述べられました
思いをのせた風船を飛ばす児童生徒の画像
児童生徒全員で願いを書いた風船を飛ばしました