ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成25年度 > 平成25年4月 > 小学生が一日消防署長を務めました

小学生が一日消防署長を務めました

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年4月11日更新

春の火災予防運動にあわせて、千田小学校の児童2人が一日消防署長を務めました。
一日消防署長に任命されたのは、千田小学校6年生の新保怜央さんと新保澪さんで、2人は消防車両点検や市内企業での防火査察、放水訓練の指揮などの業務を行いました。
また、スーパーの店内で「火の用心お願いします」と呼びかけながら、花の種などを手渡しました。
はしご車の試乗体験は特に印象に残ったそうで、11階建てのビルに相当する地上37メートルの高さから、興味深そうに周辺を見渡していました。
2人はテレビ局の取材も受けるなど、緊張しながらも無事に一日消防署長を務めてくれました。

敬礼する一日消防署長の画像
敬礼のポーズもさまになっています
企業の防火査察をする一日消防署長の画像
企業の工場見学をしながら、防火査察をしました
啓発チラシを配る一日消防署長の画像
スーパーのお客さんに火の用心を呼びかけました
はしご車に乗る一日消防署長の画像
一番印象に残ったというはしご車試乗