ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成28年度 > 平成28年11月 > 消防フェスティバルが行われました

消防フェスティバルが行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月14日更新

秋の火災予防運動期間中の11月10日(木曜日)、市内平沢のスーパーで消防フェスティバルが行われました。
店内では、認定こども園小千谷幼稚園、片貝保育園、南保育園の園児たちによる防火パレードと、遊戯の披露が行われました。
防火パレードでは園児たちが店内を練り歩き、来場者に大きな声で「火の用心」と呼びかけていました。
また、駐車場では消防車や救急車が展示され、園児たちが笑顔で記念撮影をしていました。
消防フェスティバルに参加した園児の母親は、「ライターやマッチなどを子どもの手の届かないところに置くように心掛けていますが、自分自身も火の取り扱いに気をつけないといけないと感じました」と話し、気を引き締めた様子でした。
これから寒さが増し、暖房機器など火を使うことが多くなります。火の取り扱いには十分注意し、家族や地域で連携して火災予防に努めましょう。

防火パレードの画像
「火の用心!」と元気な声が響き渡りました
小千谷幼稚園児による遊戯の画像
小千谷幼稚園のみなさんによる遊戯
片貝保育園児による遊戯の画像
片貝保育園のみなさんによる遊戯
南保育園児による遊戯の画像
南保育園のみなさんによる遊戯
ゆるキャラと触れ合う園児たちの画像
会場にはよし太くんのほか、とっぴー・きっぴーが駆けつけてくれました
願いを込めて風船を飛ばす園児たちの画像
防火を願いみんなで風船を飛ばしました