ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成25年度 > 平成25年4月 > 第26回信濃川河岸段丘ウォークが開催されました

第26回信濃川河岸段丘ウォークが開催されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年5月13日更新

4月29日(昭和の日)、第26回信濃川河岸段丘ウォークが開催されました。
当日は時おり晴れ間の見える穏やかな天候で、A~Fの距離の異なる6つのコースに、当日参加者もあわせ2,135人が参加しました。

総合体育館をスタート地点とする12キロメートルコースには、昨年を上回る1,283人が参加し、スタート直後の国道117号線には参加者の長い行列ができていました。
コースの途中には記念撮影コーナーが設けられ、プロの撮影する一枚を求めて参加者が集まっていました。
休憩場所の市民の家ではトン汁やおいしい水が振る舞われ、おおぜいの参加者が信濃川を見下ろしながらのんびりと休憩をとっていました。

また河岸段丘ウォークの開催にあわせて、山本にあるJR小千谷発電所が一般公開され、昨年を上回る2,112人の方が来場しました。
発電機室などの施設見学のほか、屋外ではミニSL乗車コーナーや駅長の制服を着て撮影する記念撮影コーナーなどが設けられ、どこもおおぜいの来場者が列を作り、年に1回の一般公開を楽しんでいました。

準備体操を行う参加者の画像
しっかりと準備体操をして、長旅に備えます
総合体育館を出発する参加者の列の画像
例年より多い参加者数となりました
国道117号線を歩く参加者の画像
国道117号線沿いには長い行列ができていました
笑顔で坂を登る子どもの画像
子どもたちも元気よく歩いていました
トン汁を受け取る子どもの画像
無料でトン汁が振る舞われました
市民の家の広場で昼食をとる参加者の画像
市街地を見下ろしながらの昼食を楽しんでいました
信濃川沿いを歩く参加者の画像
心地よい春の陽気を感じつつ歩いていました
桜を眺めながら歩く参加者の画像
場所によっては桜が見ごろを迎えていました
ゴール地点で参加者を出迎えるよし太くんの画像
ゴール会場のサンプラザ駐車場では、よし太くんが参加者を出迎えました
錦鯉の里を見学する参加者の画像
参加者は錦鯉の里を無料で見学することができます

JR小千谷発電所一般公開

ミニSLに乗る子どもたちの画像
JR小千谷発電所では、ミニSLが子どもたちに大人気でした
施設を見学する来場者の画像
ヘルメットをかぶり、ふだんは見ることのできない発電機室を見学しました
記念撮影する来場者の画像
制服を着て、ハイ、敬礼!
輪投げをする子どもの画像
輪投げやスーパーボールすくいもありました