ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成25年度 > 平成25年7月 > さつき工房ふれあいまつりが開催されました

さつき工房ふれあいまつりが開催されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年7月29日更新

7月19日(金曜日)、上ノ山にある障害者支援センターさつき工房で「第17回さつき工房ふれあいまつり」が開催されました。

当日は天候に恵まれ、午後4時の開始時刻には上ノ山町内の方々や子どもたちをはじめ、おおぜいの方が会場を訪れました。
会場では、施設利用者やボランティアの方々が作った焼きそばやとん汁、つきたてのお餅が振る舞われたほか、ポップコーンやわたあめ、よし太くん焼きの販売も行われ、おおぜいの方が買い求めていました。
また、施設内では利用者の方々が製作した自主製品などの販売も行われ、こちらも盛況となっていました。

午後6時からは、さつき工房の敷地に併設されている芽咲庵で「堀沢ファミリー」による三味線と歌が披露されました。
開始とともに会場はいっぱいになり、みなさん力強い三味線の音色に聴き入っていました。

午後6時30分からは、ピアノの演奏に合わせて「みんなで歌おう」が行われました。
「さんぽ」や「しあわせならてをたたこう」など12曲が演奏され、配られた歌詞を手にみなさん一緒になって歌っていました。

餅をついている様子の画像
「よいしょー!」おおぜいの方が掛け声を掛けていました
搗きたての餅を振る舞っている画像
つきたてのお餅が振る舞われました
輪投げをする子どもの画像
子ども向けのゲームコーナーもありました
自主製品を販売している画像
自主製品の販売コーナーには人だかりができていました
三味線の演奏をする堀沢ファミリーのみなさんの画像
三味線の音色に聴き入っていました
ピアノの演奏に合わせて歌う来場者の画像
ピアノの演奏に合わせて楽しそうに歌っていました