ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成23年度 > 平成23年11月 > 織物工房ミニツアーが行われました

織物工房ミニツアーが行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年11月15日更新

11月3日(文化の日)、織物工房「匠之座」と「織之座」で織物工房ミニツアーが行われました。

このツアーは、ユネスコの重要無形文化財である小千谷縮について学んでもらおうと、小千谷織物同業協同組合によって開催されたものです。

参加者はまず、織物工房のスタッフから小千谷縮の種類と特徴などについて説明を受けた後、原料となる苧麻(ちょま)から繊維を取り出す苧引き(おびき)作業を見学しました。手際良く、緑色の茎の部分から白い繊維が取り出されると、参加者からは歓声があがりました。
その後、伝統工芸士によるいざり機の実演が行われ、その難しさにみなさん驚いていました。
参加したみなさんは、小千谷縮が出来上がるまでには多くの手間と時間がかかることを改めて学んだようでした。

織物工房「匠之座」では、11月13日(日曜日)まで「布 手作り小物展」を開催しています。
布の端切れなどを使って作られた作品を展示しています。様々なアイディアあふれる布作品を、ぜひご覧ください。

苧引き(おびき)作業の画像
「苧引き」作業に見入ります
苧引き(おびき)をし、乾燥させた繊維を見る参加者の画像
苧引き後、乾燥させたものを見せてもらいました
居座り機での実演を見る参加者の画像
いざり機の難しさと伝統工芸士の技にみなさん見入っていました
「布 手作り小物展」の様子の画像
開催中の「布 手作り小物展」の様子

<関連リンク>