ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成29年度 > 平成30年3月 > 面綱(おもづな)づくり体験教室が行われました(3月4日)

面綱(おもづな)づくり体験教室が行われました(3月4日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月5日更新

東山住民センターで闘牛の面綱づくり体験教室が行われ、地元の住民など15人ほどが参加しました。
これは、今年、「牛の角突き」が国の重要無形文化財指定40周年を迎えることから、記念事業の一環として小千谷闘牛会が開催したものです。

面綱は、闘牛場に入退場する牛の顔にかけられる、大相撲の「化粧まわし」のようなものです。
参加者たちは、「ひもをねじりながら合わせるのが難しい」「けっこう体力を使う」と、面綱づくりの大変さをかみしめたり、「家に帰ったら、好きな布を使って作ってみたい」と楽しそうに話したりしながら、伝統の技を学んでいました。
面綱の作り手の高齢化が進んでいることから、技術を伝承する後継者確保のために、作り方を映像や写真に収めている参加者の姿も見られました。

面綱の芯を布で巻いている画像
芯を布で巻きます
3色の布を束ねている画像
ひも状になった3色の布を1つに束ねます
ひもをねじっている画像
ひもをねじっていきます
3色をねじりながら合わせている画像
ねじった3本のひもをより合わせて1本の綱にします
1本の綱になった画像
長い綱ができました
綱の両端を結んでいる画像
綱の両端を結んで輪にします
完成した面綱の画像
面綱の完成!
記録映像を撮影している画像
名人の技をビデオカメラでしっかり記録します
ミニ面綱づくりをしている画像
お守りやお土産として人気のミニ面綱づくりも行われました
名人に作り方を教わる子どもたちの画像
子どもたちも真剣な表情でミニ面綱づくりに挑戦
子どもたちに楽しそうに教える名人の画像
子どもたちに教える名人も楽しそうです
おおぜいの参加者たちの画像
おおぜいの方が面綱の作り方を学びました