ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成22年度 > 平成22年7月 > 小千谷縮姿で交通安全を呼びかけました

小千谷縮姿で交通安全を呼びかけました

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年8月2日更新

夏の交通事故防止運動期間中の7月22日(木曜日)、小千谷市城内2丁目のスーパー前の市道で交通安全を呼びかけるキャンペーンが行われました。
キャンペーンには、市立西保育園の年長の園児たちが協力してくれたほか、昨年、ユネスコ無形文化遺産に登録された小千谷縮のPR(ピーアール)を兼ねて、谷井小千谷市長、小千谷観光協会の関係者などが小千谷縮を着て参加しました。
夏の暑い陽ざしの下、涼しげな小千谷縮を着たみなさんが園児たちと、通りかかった車のドライバーに「交通安全をお願いします」と呼びかけるとドライバーのみなさんは笑顔で応えてくれました。
ドライバーのみなさんには、交通安全を呼びかけるチラシと小千谷銘菓「ちぢみ煎餅(せんべい)」が手渡されました。

参加者のみなさんの集合写真の画像
キャンペーン参加者のみなさん
交通安全を呼びかける市長と園児の画像
小千谷縮の浴衣を着た市長と一緒に「交通安全をお願いします」
園児と小千谷縮を着た女性が交通安全を呼びかける画像
小千谷縮姿が涼しそうです
交通安全を呼びかける参加者の画像
小千谷地区交通安全協会のみなさんからも協力をいただきました

<関連リンク>

「小千谷縮を着てみよう体験」の予約を受付中です。詳細はこちらから(小千谷観光協会のホームページが別の窓で開きます)