ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

小千谷市のあゆみ:平成15年

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年1月4日更新

2月

ちぢみの里入館者が100万人を達成(2月16日)。

3月

TMO構想(中小小売商業高度化事業構想)を認定(3月4日)。
東京都渋谷区で開催されたNHK「こころ」展で小千谷市の花火が紹介される(3月26日~4月13日)。
真人地区農業集落排水処理施設供用開始(3月31日)。
小千谷市一般廃棄物処理基本計画を策定。

4月

地域イントラネット事業が完成。公共施設予約・生涯学習支援システムなど4つのサービスシステムが稼動(4月1日)。
錦鯉幼魚3,500匹を東京都杉並区の小学校に寄贈(4月15日)。

5月

第8回にいがたねんりんピックが総合体育館をメイン会場に開催(5月31日~6月1日)。

6月

NHK連続テレビ小説「こころ」のロケが小千谷市の片貝煙火工業付近で行われる(6月2・3日)。
市制施行50周年記念事業「NHKのど自慢」の公開生放送が総合体育館行われ、2,006人の入場者があり、大変な盛り上がりとなる(6月22日)。なお、のど自慢には出場希望のはがきが891通、観覧希望のはがきが8,352通が寄せられた。

NHKのど自慢の公開生放送のステージ上の写真
市制施行50周年記念事業「NHKのど自慢」の公開生放送

7月

小千谷西高等学校科学部がイタリアのバドヴァ市で開催された「ロボカップ2003バドヴァ大会」に出場(7月4~6日)。
東小千谷中学校プールが竣工、プール開き(7月7日)。
会津史談会の一行150人が北越戊辰戦争の市内史蹟を訪問(7月10日)。
NHK連続テレビ小説「こころ」のロケが小千谷市片貝町の浅原神社において、片貝まつりの本番と同じ桟敷席を組み、片貝まつりの花火大会を再現して行われた。なお、このロケには片貝町からエキストラ300人が集められたほか、観客の中から130人が撮影に協力した。(7月12日)。
総合産業会館サンプラザ20周年記念式典、祝賀会を開催(7月12日)。
小千谷西高等学校放送部が全国高校放送コンテストで2部門に入賞(7月22~24日)。
市制施行50周年記念事業のキャッチフレーズ(作者/大橋瑞紀さん:若葉2)、シンボルマーク(作者/佐藤美栄子さん:ひ生)が決定し、表彰式が行われる(7月23日)。

市制施行50周年シンボルマーク・キャッチフレーズの画像
市制施行50周年記念事業シンボルマーク・キャッチフレーズ

8月

NHK「お~い、ニッポン 今日はとことん新潟県」1000人のメッセージに小千谷市の6団体が出演(8月10日)。
割烹東忠を会場に「アートサイト小千谷2003」開催(8月23~30日)。
住民基本台帳ネットワークシステム第2次サービススタート(8月25日)。

アートサイト小千谷2003の会場の写真
「アートサイト小千谷2003」開催 

9月

新潟県・小千谷市合同総合防災訓練を実施(9月21日)。

10月

県立小千谷西高等学校創立40周年記念式典開催(10月25日)。

11月

ちぢみの里に和風露天風呂完成(11月1日)。
関市長市町村合併について「当分の間は自立の方向」を表明(11月25日)。
KHV(コイヘルペスウィルス)対策室設置(11月26日)。

 

◆平成14年<<◆平成15年>>◆平成16年へ