ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成21年度 > 平成22年3月 > 農産物加工サークルが今年度最後の活動と総会を開催しました

農産物加工サークルが今年度最後の活動と総会を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年3月26日更新

3月15日(月曜日)、昨年結成された「農産物加工サークル」が、今年度最後の漬物づくり講習と総会を行いました。
このサークルは昨年、農業管理センター内に農産物加工練習所ができたのを機に結成され、今年度は夏場をのぞき2ヵ月に1回のペースで漬物づくり講習や、イベントなどで試食販売に参加するなどの活動を行いました。
今後も最終的には「おぢやファンクラブ」などを通して販売・流通できる、小千谷市の特産物を作りたいと活動を続けるそうです。
この日は小千谷市の代表的な漬物、「やたら漬け」を作りました。これは塩漬けしておいたきゅうりやみょうが、しその実に、大根、人参を加え、醤油などの調味料で漬けたもので、さっぱりとした清涼感のある漬物です。
その後の総会で新会長に就任した広井ヒデさんは、「できた野菜は無駄にしない。今後も漬物の実習・講習を行い技術の向上を目指したい。イベントに参加し消費者ニーズを知りたい。また、メンバー一人ひとりが資格の取得にも力を入れていただきたい」と力強く話していました。
*やたら漬け…やたらに色々なものを刻んで漬けることから、この名称になったと言われています。

大根の水切りをする画像
大根の水切りをする  
刻んだ人参を入れる画像
刻んだ人参を入れる
刻んだ野菜を混ぜ合わせる画像
刻んだ野菜をよく混ぜ合わせる     
醤油を入れる画像
醤油、砂糖、みりんを入れて完了