ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成26年度 > 平成26年11月 > 第54回新潟県錦鯉品評会が開催されました

第54回新潟県錦鯉品評会が開催されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年11月6日更新

11月1日(土曜日)・2日(日曜日)、総合体育館コミュニティプラザで「農林水産祭参加第54回新潟県錦鯉品評会」が開催されました。

今年は927尾が出品され、中越大震災後では2番目に多い出品数となり、養鯉業の復興を感じることができました。
2日間とも、時折雨が降るあいにくの天候でしたが、市の魚にも制定された「泳ぐ宝石」を一目見ようと、錦鯉愛好家や親子連れなどおおぜいの方が来場されました。

また1日には、新潟おさかな大使に任命されている「さかなクン」のトークショーが行われました。
さかなクンはいろいろな魚のイラストを描きながら、来場者にクイズを出して、会場を盛り上げてくれました。

クイズを出す、さかなクンの画像
さかなクンは魚のイラストを描きながら、クイズを出してくれました
実際の魚で説明をするさかなクンの画像
実際に本物の魚を手に取り、解説をしてくれました
錦鯉を審査する審査員の画像
おおぜいの審査員により各賞が決められていました
錦鯉を見る外国人の画像
外国人のみなさんの姿も多く見られました
新品種の錦鯉「黄白」の画像
今年、新潟県が安定生産に成功した「黄白」も登場しました
市長賞受賞者の画像
表彰式では小千谷市長賞も贈呈されました