ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

錦鯉の初セリが行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月10日更新

4月10日(金曜日)、錦鯉市場の初セリが、岩間木のJA錦鯉市場で行われました。
セリにかけられる錦鯉は、数尾ずつ「舟」に入れられ、会場内の水路へと流されます。流された錦鯉は、「番台」と呼ばれるセリ人の軽快な掛け声のもと、買い付け人に次々と落札されていきました。
今回のセリでは181舟、約4,300尾の錦鯉がセリにかけられました。
この錦鯉のセリは今年の11月まで行われます。

セリを待つ舟の画像
ずらりと並べられた舟
セリを行う番台の画像
番台の軽快な掛け声が会場に響きます
値踏みをする買い付け人の画像
買い付け人が真剣な眼差しで鯉を品定めします
錦鯉市場の2階からの画像
市場の2階からも、セリに参加できます