ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

第3回国際錦鯉幼魚品評会

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月28日更新

4月26日(日曜日)、 総合体育館前コミュニティプラザで、第3回国際錦鯉幼魚品評会が開催されました。

会場には、生産者が丹精込めて育てた体長12~36センチメートルの幼魚約1300尾が出品・展示されました。当日は晴天の中、国内の愛好家のほか、外国からも100人以上が来場し、小さな「泳ぐ宝石」を観賞していました。
また、越後立て鯉展示観賞即売会も同時開催され、たくさんの錦鯉が販売されました。

水槽が並べられた会場の画像
会場には、幼魚用の小さな水槽がたくさん並べられました
錦鯉を観賞する外国人の画像
外国からもおおぜいの方が来場していました
東山五人杵搗餅保存会による餅つきの画像
東山五人杵搗餅保存会による餅つきが行われました
立て鯉展示観賞即売会会場の画像
立て鯉展示観賞即売会の会場におおぜいの方が訪れました