ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成25年度 > 平成25年4月 > 第1回国際錦鯉幼魚品評会が開催されました

第1回国際錦鯉幼魚品評会が開催されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年5月2日更新

4月21日(日曜日)、総合体育館前コミュニティプラザで、第1回国際錦鯉幼魚品評会が開催されました。
会場には、生産者が丹精込めて育てた体長12~36センチメートルまでの幼魚約1,400尾が出品・展示されました。
当日はみぞれの降る悪天候でしたが、国内外からおおぜいの愛好家が来場し、小さな「泳ぐ宝石」を観賞していました。

また20日(土曜日)・21日(日曜日)には、越後立て鯉展示観賞即売会も同時開催され、たくさんの錦鯉が販売されました。
事務局取り扱い分だけで、2日間で384尾が販売され、約500万円の売り上げがありました。

審査の様子の画像
20日には外国人の方も加わり、審査が行われました
会場の全景の画像
会場には幼魚用の小さな水槽がたくさん並べられました
錦鯉を見る外国人の画像
国際品評会の名にふさわしく、おおぜいの外国人の姿も見られました
錦鯉を見る家族の画像
立て鯉展示観賞即売会の会場にも、おおぜいの方が訪れました
買い手のついた錦鯉を網ですくう業者の画像
買い手のついた錦鯉を業者の方が慣れた手つきで網にすくいます
もちつきを披露する東山5人杵搗餅保存会の画像
会場では、東山五人杵搗餅保存会による餅つきも披露されました