ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

二荒さまのおまつり

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年7月26日更新

13日(火曜日)夜は、平成町内で巫女爺(みこじい)が披露されました。

14日(水曜日)は、豊年獅子舞(ほうねんししまい)が慈眼寺(平成)や二荒神社で踊られ、たくさんの人が見物に訪れました。
また、巫子爺も園児たちの前で披露されたあと、平成町内や保存会のみなさんが屋台を引いて二荒神社へ向かい、奉納の踊りを披露しました。夜は本町の歩行者天国内に設置されたステージで、ダンスの披露や市内幼稚園児たちの遊戯、豊年獅子舞やカラオケショーなどが行われました。
時おり強い雨が降り、傘を差しての観覧となりましたが、おおぜいの人が祭りの夜を楽しんでいました。

15日(木曜日)、日中は本町商店街などを中心に巫女爺や豊年獅子舞が披露されていました。
夕方からはどしゃ降りとなりましたが、二荒さまのおまつりもこの日が最終日。おおぜいの来場者が夏のおまつりを楽しんでいました。

慈眼寺で披露される獅子舞の画像
14日、慈眼寺内で園児を前に獅子舞が披露されました
二荒神社の境内で披露された巫女爺の画像
14日、二荒神社ではおおぜいの観客を前に、奉納の踊りが披露されました
おまつり広場の様子の画像
両日ともあいにくの雨の中でしたが、おまつり広場はおおぜいの人でにぎわいました
ダンスを披露する子どもたちの画像
ステージ前ではダンスが披露されました
ステージに見入る観客の画像
園児の発表にもおおぜいの人が集まりました
二荒神社で獅子舞を踊る画像
15日、二荒神社に奉納される豊年獅子舞