ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

新エネルギー情報

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月28日更新

新エネルギーとは

再生可能エネルギー概要図太陽光発電や風力発電など地球環境への負荷が少ない「再生可能エネルギー」のうち、地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出量が少なく、エネルギー源の多様化に貢献する「新エネルギー」が注目されています。

新エネルギー利用等の促進に関する特別措置法(新エネ法)では、「技術的に実用段階に達しつつあるが、経済性の面での制約から普及が十分でないもので、非化石エネルギーの導入を図るために必要なもの」として、次の10種類が指定されています。

  • 太陽光発電
  • 風力発電
  • バイオマス発電
  • 中小規模水力発電
  • 地熱発電
  • 太陽熱利用
  • バイオマス熱利用
  • 雪氷熱利用
  • 温度差熱利用(地中熱)
  • バイオマス燃料製造

また、「新エネルギー」とは指定されていませんが、技術革新の進捗や社会の需要の変化に応じて、「革新的なエネルギー高度利用技術」として普及促進を図ることが必要なものとして、ヒートポンプ、天然ガスコージェネレーション、燃料電池、クリーンエネルギー自動車等があります。

新エネルギー普及促進への取り組み

 小千谷市では、本市の地理的特性に合った新エネルギーの普及促進につながるよう、国や県の新エネルギー導入支援策などについての情報提供に努めます。

国が実施する新エネルギー導入支援策

県が実施する新エネルギー導入支援策

本市の地理的特性に合った新エネルギーの導入可能性についての調査

太陽光発電モニター調査(終了しました)

ソーラーパネルを設置した住宅のイラスト市内の太陽光発電設備を設置中の住宅を対象に、モニター調査を平成23年度に実施しました。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)