ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成22年度 > 平成22年9月 > 真人町駅伝競走大会が行われました

真人町駅伝競走大会が行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年9月14日更新

9月5日(日曜日)、真人町で第4回真人町駅伝競走大会が行われました。
この日は朝からうだるような暑さでしたが、市内外から小学生、中学生、一般まで71チームがエントリーし、補員レースもあわせ、総勢約500名が健脚を競いました。
この大会は大会の企画から当日の運営まですべて住民で行なう手づくりの大会です。今年から新たに「一般男女の部」も新設され、市内外から6チームが参加しました。今回、熱中症の予防対策として、選手召集所や本部テントなどに塩飴と麦茶やスポーツドリンクのフリードリンクコーナーを設置して、選手、関係者の健康管理にも気を使っていました。
レースが始まると大粒の汗をかきながら一生懸命力走する選手たちに、沿道のおおぜいの観衆から「頑張れ!」「ラスト!」などの大声援が飛んでいました。

中学、高校、一般の部スタート直後の画像
中学・高校・一般の部のスタート
坂道を登る中学男子選手の画像
ラスト500メートル地点、最後の心臓破りの坂
一般参加チーム中継の画像
今回から一般の部を新設
小学生の部スタート直後の画像
小学生の部のスタート
ラストの坂を競り合う小学生の画像
競り合う第2集団、終盤の下り坂
中継する小学生の画像
スムーズなタスキ渡しも駅伝の重要ポイント

<大会成績>

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)